ニュース

小泉首相選曲コンピCD再び!今度はエンニオ・モリコーネ

エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)   2005/08/25掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 自民党総裁としてその動向が注目される小泉純一郎首相が選曲を手掛けたという、チャリティ・アルバム『私の好きなモリコーネ・ミュージック〜小泉純一郎選曲チャリティ・アルバム(仮) 』(BVCM-31170 \2,548(税込))が、BMGファンハウスより10月5日に発売されます!

 少年時代から芸術全般にわたり興味があるという首相は、そのなかでもエンニオ・モリコーネの音楽にはことさら造詣が深く、長年にわたり愛聴。そんな首相がモリコーネの音楽の素晴らしさを広く知ってほしいとの思いから、この企画が持ち上がったそうです。なお、売り上げの一部は中央共同募金会へと寄付されます。

 かつて首相は2001年にも、愛してやまないエルヴィス・プレスリーの選曲を手掛けた『私の好きなエルヴィス〜小泉純一郎選曲 エルヴィス・チャリティ・アルバム』(写真)を企画。同作はエルヴィスとのコラージュ・ジャケットなども話題を集め、20万枚の売り上げを記録しました。今回も大いに話題を集めることになるのか、またコラージュ・ジャケットとなるのか? いろんな意味で期待です!

 なお、エンニオ・モリコーネはアルバム発売後の10月8、9日に来日公演を行なう予定です。

●『私の好きなモリコーネ・ミュージック〜小泉純一郎選曲チャリティ・アルバム(仮) 』(BVCM-31170 \2,548(税込))
01. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」〜デボラのテーマ
02. 「ミッション」〜ガブリエルのオーボエ
03. 「ニュー・シネマ・パラダイス」〜ニュー・シネマ・パラダイス
04. 「荒野の用心棒」〜荒野の用心棒
05. 「ミッション」〜ミッション
06. 「ウエスタン」〜ウエスタンのテーマ
07. 「わが青春のフロレンス」〜メテロのテーマ
08. 「海の上のピアニスト」〜1990のテーマ
09. 「夕陽のガンマン」〜ガンマンの祈り
10. 愛をあなたに
11. 貴方にひざまずいて
12. 君の瞳の中に書いてある
13. 「死刑台のメロディ」〜自由への希望
14. 「マエストロとマルガリータ」〜別れ
15. 「尊敬すべき人々」〜ただ愛の為に
16. 「古い階段の下で」〜古い階段の下で
17. 「愛のために」〜ヴェニスの別れ
18. 「愛のために」〜旅立ち
19. 「ヒューマノイド宇宙帝国の陰謀」〜星のエクスタシー
20. オリエント・エクスプレス
21. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」〜ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

*曲目は予定です。変更の可能性もありますので、ご了承ください。

≪エンニオ・モリコーネ:日本公演≫
10月8日(土) 東京:東京国際フォーラム ホールA
10月9日(日) 東京:東京国際フォーラム ホールA

OPEN 17:00/START 18:00(予定)
料金(税込):S席 \16,000/A席 \13,000/B席 \10,000

指揮:エンニオ・モリコーネ
ソプラノ:スザンナ・リガシー
ピアノ:ギルダ・ブッタ
オーケストラ:ローマ・シンフォニー
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015