ニュース

エフゲニー・キーシンの新作は初の弾き振りによるモーツァルト。共演はクレメラータ・バルティカ

エフゲニー・キーシン(EVGENY KISSIN)   2010/07/29 15:34掲載
はてなブックマークに追加
 巨匠ピアニストへの道を着々と歩んでいるエフゲニー・キーシン(Evgeny Kissin)のニュー・アルバム『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&27番』(TOCE-90152 税込3,000円)が8月4日にリリースされます。

 80年代初期に天才児として国際デビューしたキーシンは成熟を重ね、現在39歳。驚異的なテクニックと非の打ち所のない音楽性は、聴衆も批評家をも魅惑し続けており、ワシントン・ポスト紙はキーシンを“世界的大アーティスト”と呼んでいます。

 今回の新作アルバムは、キーシン初のピアノ・ソロと指揮者を兼任した録音! 共演はクレメラータ・バルティカです。

 モーツァルトのピアノ協奏曲第20番は珍しく短調で書かれた作品で、ベートーヴェンが賞賛、自分の演奏会でも盛んに採り上げました。キーシンにとっては、10歳の協奏曲演奏会デビューの際に弾き込んだ曲目になります。

 一方の第27番は、モーツァルトのピアノ協奏曲の最後の作品で円熟の極にあります。こちらはキーシンの初録音です。


※8月4日発売
エフゲニー・キーシン
『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&27番』
(TOCE-90152 税込3,000円/HQCD仕様)

[収録曲]
モーツァルト
01. ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466
02. ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595

[演奏者]
エフゲニー・キーシン(p、指揮)
クレメラータ・バルティカ

[録音]
2008年6月17〜19日
ミュンヘン、ヘラクレスザール
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015