ニュース

フェア・ウォーニングの来日公演が決定

フェア・ウォーニング(Fair Warning)   2006/07/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 7月26日に復活作『ブラザーズ・キーパー』リリースするドイツのメロディアス・ハード・ロック・バンド、フェア・ウォーニングの来日公演が決定しました。10月10日から東名阪と広島で計4公演を行ないます。先行シングル「ドント・キープ・ミー・ウェイティング」(写真)の出来の良さもあり、『ブラザーズ〜』に対する期待は高まるばかり。常に一緒に歌えるようなメロディを聴かせてくれるバンドですので、ライヴでも大合唱となることでしょう。再結成を待ちわびていたファンはお見逃しなく。

 ところで……、東京公演は某メタル系巨大フェスティヴァルと日程が重なっていますが、ファン層は被らないのでOKということ?

<フェア・ウォーニング来日公演日程>
10月10日(火) 広島・クラブクアトロ
10月11日(水) 名古屋・ダイアモンドホール
10月12日(木) 大阪・松下IMPホール
10月14日(土) 東京・渋谷公会堂
料金:\7,500(税込/東京公演のみS席 \7,500・A席 \7,000)
問:ウドー音楽事務所
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015