ニュース

ウィーン国立歌劇場にデビューを果たした藤木大地がHakuju Hall〈ワンダフルoneアワー〉第27回に登場

藤木大地   2017/04/20 13:20掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ウィーン国立歌劇場にデビューを果たした藤木大地がHakuju Hall〈ワンダフルoneアワー〉第27回に登場
 2017年4月、日本人カウンターテナーとして初めてウィーン国立歌劇場にデビューを果たし、デビュー初日の4月7日(金)にはデビュー・アルバム『死んだ男の残したものは』(KKC-046 オープン価格)を発表した藤木大地が、5月19日(金)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催される〈ワンダフルoneアワー〉第27回に登場。共演はピアニストの松本和将

 クラシックのコンサートといえば、夜の公演が多く、しかも2時間以上かかってしまうもの。「忙しいから難しい」「夜の外出はちょっと……」といった理由で行くことを諦めてしまう方におすすめしたいコンサート・シリーズが〈ワンダフルoneアワー〉。本シリーズは昼夜2回の公演で、かつ公演時間が1時間に凝縮された“音楽のエスプレッソ”と呼べるコンサートです。

 藤木はHakuju Hallで〈中嶋朋子が誘う 音楽劇紀行〉第一夜、第二夜でバロックからオペレッタまで自在に歌い演じたほか、〈ギター・フェスタ 2016〉では武満 徹「SONGS」をギターとともに歌い、深い印象を残しました。待望のリサイタルとなる本公演のプログラムは、シューマン『詩人の恋』とシューベルトの名作歌曲集。ドイツ・リートの最高傑作に、当代きっての若手カウンターテナーが挑みます。

第27回 ワンダフルoneアワー
藤木大地 カウンターテナー・リサイタル

www.hakujuhall.jp/syusai/93.html

2017年5月19日(金)
開演 15:00 / 19:30
※休憩なし約1時間
各回全席指定 3,000円(税込)


[出演]
藤木大地(C-T) / 松本和将(p)

[曲目]
シューマン: 詩人の恋 op.48
シューベルト:
アヴェ・マリア D.839
春の想い D.686
夜と夢 D.827
水の上で歌う D.774
魔王 D.328
音楽に寄せて D.547
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015