ニュース

ギャング・オブ・フォーからオリジナル・メンバーの2人が脱退

ギャング・オブ・フォー(GANG OF FOUR)   2008/05/08 14:51掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 2005年よりオリジナル・メンバーの4人が再集結し活動を行なっていたギャング・オブ・フォーですが、先日にデイヴ・アレン(b)とヒューゴー・バーナム(ds)の脱退を発表。バンドは残ったアンディー・ギル(g)とジョン・キング(vo)の2人によって、引き続き、新曲の制作を行なっていく予定です。

 今回の脱退について2人は、“バンドでは自分の能力が100%表現できない”(デイヴ)、“バンドにいるということはビジネスも要求される。それが退屈になった”(ヒューゴー)といった内容のコメントを発表。今後は、デイヴがFAUX-HOAXという別プロジェクトでの活動を行なうなど、それぞれ別々の道を歩むことになるようです。(写真は代表作『エンターテイメント!』)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015