ニュース

ブルガリア国立歌劇場が10月に3年ぶりの来日ツアーを開催

ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet)   2018/01/22 11:52掲載
はてなブックマークに追加
ブルガリア国立歌劇場が10月に3年ぶりの来日ツアーを開催
 “声の王国”と呼ばれるブルガリアで最も古い歴史と伝統を誇るブルガリア国立歌劇場が、2018年10月5日(金)から17日(水)にかけて3年ぶりの来日ツアーを開催。全11公演が予定されている同ツアーでは、日本向けに新たに制作されたビゼー『カルメン』と、「誰も寝てはならぬ」で親しまれるプッチーニ『トゥーランドット』が上演されます。

 特に注目されるのは、劇場総裁のプラーメン・カルターロフが新制作した『カルメン』。古代ギリシャの円形劇場と日本の“能”を融合させ、特定の場所や時代を設定しないモダンなステージで、現地でも14公演が完売する異例のヒットを記録ています。主役のカルメンは、世界の歌劇場で活躍するナディア・クラスティヴァ(Nadia Krasteva)と、劇場が太鼓判を押すゲルガーナ・セコーヴァ(Gergana Rusekova)。

 指揮は、アリゾナ・オペラ、シンシナティ交響楽団でアソシエイト・コンダクターを務める原田慶太楼(33歳)。17歳で単身渡米し、キャリアを重ねるとともに、国内オーケストラの指揮活動も高い評価を獲得しています。

明治ブルガリアヨーグルトスペシャル ブルガリア国立歌劇場
www.japanarts.co.jp/bulgaria2018

2018年10月5日(金)〜17日(水)
全11公演

主催: ジャパン・アーツ
特別協賛: 株式会社 明治
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015