ニュース

BiSHサウンドプロデューサー・松隈ケンタ率いる「SCRAMBLES」が〈地獄の冬季講習〉を開講

GHOST ORACLE DRIVE   2017/12/14 14:24掲載
はてなブックマークに追加
BiSHサウンドプロデューサー・松隈ケンタ率いる「SCRAMBLES」が〈地獄の冬季講習〉を開講
 BiSBiSHGANG PARADE、EMPiREら「株式会社WACK」所属ファミリーの全面サウンドプロデュースをはじめ、たこやきレインボーばってん少女隊BELLRING少女ハートなどへの楽曲提供や、GHOST ORACLE DRIVEでの活動でも知られるコンポーザー / ギタリスト・松隈ケンタ。同氏率いる音楽制作コレクティヴ「SCRAMBLES.Inc」の運営するミュージック・スクール「SCRAMBLES MUSIC COLLEGE」が、12月26日(火)から29日(金)までの4日間に亘って冬季講習〈地獄の冬季講習〜愛と罵倒の4日間〉を東京・北千束「SCRAMBLE STUDIO」にて開講。

 同クリニックでは、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、クリエイターA(ミックス関係)、クリエイターB(作詞作曲関係)の6コースから選択する「ノーマルコース」(90分 x 4日間 / 各税込15,000円)、SCRAMBLESならではの技術に特化した松隈ケンタ自ら講師を務める「スクランブルコース」(90分 x 4日間 / 税込120,000円)の2コースに加え、松隈曰く“もはやクリエイターをやめたくなる”、両コースの全コマを受講する「地獄コース」(630分 x 4日間 / 税込200,000円)も用意。「地獄コース」完遂者には、終了証書が授与されます。

 受講チケットはSCRAMBLES運営のリペアショップ「LITTLE BY TECH.」(東京・下北沢)または電話予約にて12月14日(木)より販売開始。詳しくは特設ページにてご確認ください。

拡大表示


SCRAMBLES
地獄の冬季講習
愛と罵倒の4日間

ameblo.jp/scrambles-music-college/entry-12335751186.html

2017年12月26日(火)〜9日(金)
東京 北千束 SCRAMBLE STUDIO
※各セミナー定員次第募集終了

[ノーマルコース]
90分 x 4日間

受講料: 各税込15,000円(4日間通し券)
6コース(ボーカル / ギター / ベース / ドラム / クリエイターA: ミックス関係 / クリエイターB: 作詞作曲関係)の中から学びたいコースを選択して受講します。1つのコースは4コマ、たったの4日間で実力アップ。ボーカルコースとクリエイターAコースなど、複数の受講も可能です。

[スクランブルコース]
90分 x 4日間

受講料: 税込120,000円(4日間通し券)
スクランブルズの所属クリエイター向けに行われている独自技術に特化したセミナーです。ボーカルやドラムのエディットなど、もはやスクランブルズでしか使えない知識のオンパレードとなっております。松隈ケンタが講師を務める秘伝のコース。

[地獄コース]
630分 x 4日間

受講料: 税込200,000円(全コマ通し券)
最強のクリエイターを目指すため、28のクラスを全て受講します。朝から晩まで地獄の特訓4日間です。全てを受講した猛者には栄誉を称え終了証書が授与されます。

※予約・お問い合わせ: スクランブルズ 03-5726-9169(11:00〜20:00)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015