ニュース

ドイツのGUITAR、新作を発表!ジザメリのカヴァーも

GUITAR   2007/04/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
ドイツのGUITAR、新作を発表!ジザメリのカヴァーも
 エレクトロニカ側からシューゲイザーへと接近した、エレクトロ・シューゲイザーの名作『Sunkissed』(写真)で知られる、ドイツ出身のMichael Luecknerによるソロ・プロジェクト、GUITAR。いよいよファン待望のニュー・アルバム『Dealin with Signal and Noise』がリリースされます!

 2006年に発表された2枚のアルバム(『ソルティーキッシズ』『Tokyo』)に続く新作で、アルバム名にもあるように、ギターの音が作り出す、シグナルやノイズと向き合って制作されたという、エレクトロニカ色の濃い作品。お馴染みの女性ヴォーカリスト、アヤコ・コバヤシと共作した3曲をはじめ、シアトルのシューゲイザー系バンド、Voyager Oneと共作した3曲、そして、MP3ファイルとして『ソルティーキッシズ』購入時にプレゼント(一部店舗のみ)されていた、ジーザス&メリー・チェイン「ジャスト・ライク・ハニー」のカヴァーなど全13曲が収録されます。発売はドイツ盤が4月27日に、US盤が5月15日にそれぞれ予定されています。

 なお、GUITARは、日本のNIRGILISが今年2月に発表したリミックス・アルバム『GIRL』にも参加。熱心なファンなら、こちらもぜひ!


『Dealin with Signal and Noise』
01. Flowers look up into the sky
02. Sine Waves
03. Ballad of The Tremoloser
04. Just like honey
05. Song without signal
06. I kissed the dirt + she kissed her bobtail
07. Watch the white bird
08. Guitardelays
09. Here
10. Live at Hotel Palestine
11. What is love?
12. Guitardelays 2
13. Sign Waves
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015