ニュース

萩原健一、ツアー・ファイナル公演をMotion Blue YOKOHAMAで開催

萩原健一   2018/05/24 13:24掲載
はてなブックマークに追加
萩原健一、ツアー・ファイナル公演をMotion Blue YOKOHAMAで開催
 2017年にデビュー50周年を迎えた“ショーケン”こと萩原健一が、自身のレーベル「Shoken Records」から初リリースとなるニュー・シングル「Time Flies」(KHSR-1801 1,500円 + 税)を携え、クラブ・ツアーを開催。5月30日(水)、6月1日(金)、2日(土)の3日間に亘り大阪・梅田 Billboard Live OSAKAで行なうほか、6月9日(土)、10日(日)に神奈川・横浜 Motion Blue YOKOHAMAにてツアー・ファイナル公演を開催します。

 ザ・テンプターズのヴォーカリストを経て沢田研二岸部一徳らと伝説のロックバンド、PYGで活動。ジャパニーズ・ロック・シーン黎明期に絶大な人気を博した一方で、俳優としても活躍。『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』『前略おふくろ様』『祭ばやしが聞こえる』など数々のドラマや映画で強烈なインパクトを残し、個性派俳優として人気を博しています。

 デビュー51年目を迎えて発表した「Time Flies」は萩原が作詞・作曲を手がけた新曲。長いキャリアのなか、初の自作曲やレーベル主宰など挑戦を続けています。

萩原健一 Time Flies

2018年5月30日(水) / 6月1日(金)/ 2日(土)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10888&shop=2

2018年6月9日(土)/ 10日(日)
神奈川 Motion Blue YOKOHAMA
www.motionblue.co.jp/artists/kenichi-hagiwara

[メンバー]
萩原健一(vo)
橋本sin(key)
柳沢二三男(g)
竹下欣伸(b)
裕木レオン(ds)
阿部 剛(sax)
中沢ノブヨシ(cho)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015