ニュース

Heavenstamp、約5年ぶりのアルバム『天国印鑑を聴きなさい』発売記念ライヴは大盛況 名古屋公演も開催

Heavenstamp   2017/06/19 13:21掲載
はてなブックマークに追加
 今年5月に約5年ぶりの2ndフル・アルバム『天国印鑑を聴きなさい』(TENGOKU-001 2,500円 + 税)をリリースしたHeavenstampが、6月16日に東京・渋谷 WWWにて発売記念ワンマン・ライヴ〈Listen to Heavenstamp〉を開催しました。

 90年代のUKをルーツとしたロック・サウンドをベースに、Superfly愛をからだに吹き込んで」を手がけるなど、ソングライターとしても活躍するTomoya.S(g)によるメロディを、Sally#Cinnamon(vo, g)が伸びやかに歌い上げるスタイルで人気のHeavenstamp。この日のライヴでは、『天国印鑑を聴きなさい』でも演奏を担当したサポート・プレイヤーを迎え、新作からの楽曲を中心に新旧織り交ぜた21曲を演奏。

 紫色の羽織を纏いフロントに立ったSally#Cinnamonは、ギターを激しくかき鳴らし、ハンドマイクを持ちステージを闊歩しながら、満員のオーディエンスを煽るようなパフォーマンスを披露。歌詞の熱量をしっかりと伝える歌声とともに、近年、Tomoya.Sと2人だけのシンプルな編成でライヴを重ねてきたという自信を感じさせるステージで観客を圧倒しました。

拡大表示

 MCは必要最低限のみ、彼らの真骨頂といえる“音楽だけで真正面から勝負する”ライヴ・スタイルで楽曲を続けざまに披露していくと、本編の最後に演奏されたアルバムのリード曲「Around the World」では、満員の観客が大合唱。シンガロングする喜びで会場全体がひとつとなった、彼らが目指すライヴでの“到達点”ともいえる光景が広がりました。

 7月7日(金)には、愛知・名古屋CLUB UPSETにて〈'Listen to Heavenstamp' in Nagoya〉と題したワンマン・ライヴを開催。また、7月17日(月・祝)には東京・渋谷 eggmanにて男女混成4人組バンド“緑黄色社会”との2マン・ライヴも決定しています。

拡大表示


■2017年5月10日(水)発売
Heavenstamp
天国印鑑を聴きなさい

TENGOKU-001 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 愛を込めて、ウェンデイ
02. Plastic Boy Plastic Girl
03. 夏の抜け殻
04. カフェモカ(Latifa)
05. 頬を染めたり
06. Dr.Moonlight
07. Around the World
08. Monday Morning
09. ダークサイドへおいでよ
10. 春の嵐

Heavenstamp ONEMAN LIVE
’Listen to Heavenstamp’in Nagoya

2017年7月7日(金)
愛知 名古屋 CLUB UPSET
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 3,500円( + ドリンク代500円)


Newiee 02
2017年7月17日(月・祝)
東京 渋谷 eggman
開場 18:00 / 開演 18:30
前売 3,000円 / 当日 3,500円( + ドリンク代500円)
出演: Heavenstamp, 緑黄色社会
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015