ニュース

セネガル出身のジャズ・ギタリスト、エルヴェ・サムが6月に初来日ツアーを開催

エルヴェ・サム(HERVE SAMB)   2018/04/17 12:28掲載
はてなブックマークに追加
セネガル出身のジャズ・ギタリスト、エルヴェ・サムが6月に初来日ツアーを開催
 セネガル・ダカール出身でフランスとの二重国籍を持ち、現在はパリを拠点に活動するジャズ・ギタリスト、エルヴェ・サム(Herve Samb)が6月に初来日ツアーを開催。6月13日(水)神奈川・横浜 カモメ、15日(金)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて、16日(土)京都・ボンズロザリー、17日(日)大阪・梅田 Mr.Kelly's、18日(月)岡山・蔭凉寺、19日(火)愛知・名古屋 Star Eyesの6公演が発表されています。また、大阪・岡山・名古屋の3公演には、ギタリストの小沼ようすけがゲストとして出演します。

 2017年8月に最新アルバム『テランガ』を日本先行でリリースしたサム。ピエール・ヴァン・ドルマルにギターを師事し、デヴィッド・マレイミシェル・ンデゲオチェロ、小沼ようすけらのレコーディングに参加。これまでに2枚のジャズ・アルバムと、ダニエル・モレノとの共作盤を1枚リリースしています。リーダー活動の一方、リサ・シモン(ニーナ・シモンの娘)や、NY在住シンガーSOMIのミュージカル・ディレクターも務めています。また、マーカス・ミラーのパリ公演に招待され、ゲストとして共演するなど、近年注目度が高まっています。

 セネガルの言葉で“もてなし”“温かく歓迎する”などの意味を持つ『テランガ』は、セネガルで録音されたアフリカ民族音楽とジャズのミクスチュア作品。ギター、エレクトリック・ベース、サバール、ドラムの基本編成に、シンガー、弦楽四重奏団、ラッパーなど曲ごとに様々なゲストが入り、サムの多彩な音楽性を示すアルバムとなっています。



Herve Samb “Teranga” Tour de Japon 2018

6月13日(水)
神奈川 横浜 カモメ
開演 20:00
4,500円
www.yokohama-kamome.com

6月15日(金)
東京 代官山 晴れたら空に豆まいて
開場 19:00 / 開演 20:00
前売 5,000円 / 当日 5,500円
mameromantic.com

6月16日(土)
京都 ボンズロザリー
開場 18:30 / 開演 19:30(2sets)
前売 5,000円 /当日 5,500円
Opening Act:KOJI MURAKAMI GROUP

www.bondsrosary.com

6月17日(日)
大阪 梅田 Mr.Kelly's
開場 17:30 / 開演 19:00
1show 4,000円 / 2shows通し 6,000円
Guest: 小沼ようすけ

www.misterkellys.co.jp

6月18日(月)
岡山 蔭凉寺
開演19:30
前売 5,000円 / 当日 5,500円
Guest: 小沼ようすけ
Opening Act: KOJI MURAKAMI GROUP

問: 086-223-5853

6月19日(火)
愛知 名古屋 Star Eyes
開場 18:00 / 開演 19:30
前売 5,000円 / 当日 5,500円
Guest: 小沼ようすけ

www.stareyes.jp
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015