ニュース

細野晴臣、クリスマスイヴに一夜限りの映画音楽コンサート! 

細野晴臣   2009/11/24 15:08掲載
はてなブックマークに追加
細野晴臣、クリスマスイヴに一夜限りの映画音楽コンサート! 
 1919年7月に創刊され、今年で創刊90周年を迎えた老舗映画雑誌『キネマ旬報』。創刊90周年を記念したイべントとして、細野晴臣プロデュースによる一夜限りの映画音楽コンサート〈映画を聴きましょう〉が12月24日(木)、恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催されることとなりました。『銀河鉄道の夜』、『人間の約束』、『ほしをつぐもの』から、『メゾン・ド・ヒミコ』『グーグーだって猫である』まで、自らも多くの映画音楽を手掛け、独自の視点で映画と音楽に携わってきた細野晴臣のオールタイム・ベストな映画音楽をお楽しみください。

 当日は映画『ナビィの恋』の音楽監督磯田健一郎率いる“といぼっくす”と細野晴臣グループの演奏による二部構成で、ニーノ・ロータモーリス・ジャールカルロ・ルスティケリなどの作品や、黒澤映画などの邦画作品、そして細野晴臣の映画音楽作品まで、スタイリッシュな演出で演奏する予定。クリスマスイヴの特別な一夜を素晴らしい映画音楽とともにお過ごしください。


〈キネマ旬報創刊90周年記念イベント 細野晴臣プロデュース・ライブ 映画を聴きましょう〉

●日時:12月24日(木)  
●会場:恵比寿ザ・ガーデンホール
●時間:開場18:00 開演19:00
●料金:前売 税込7,800円 / 当日 税込8,300円(全席指定)
●出演 :細野晴臣グループ(細野晴臣・浜口茂外也・コシミハル・今堀恒雄・高田漣・伊賀航・神田智子・高遠彩子)、といぼっくす(磯田健一郎・大城正司・木ノ脇道元・啼鵬・高田元太郎・齋藤孝ほか)
●問:ホットスタッフプロモーション [Tel]03-5720-9999(平日16時〜19時)
●主催:キネマ旬報社 後援:J-WAVE 協力:恵比寿ガーデンプレイス
●企画:キネマ旬報社・ミディアム 制作:ワンワード・チェス  ●運営:ホットスタッフ

チケット、各プレイガイドで絶賛発売中。
チケットぴあ(Pコード:337-873) 0570-02-9999
ローソンチケット(Lコード:76494) 0570-08-4003
イープラス http://eplus.jp
※未就学児童のご入場はお断りいたします


●映画雑誌『キネマ旬報』について

『キネマ旬報』は、1919(大正8)年7月に創刊。今年2009年に創刊90周年を迎える、日本でいちばん古い映画雑誌です。1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、月に3回「1」のつく日に外国映画専門誌として発刊。1940年12月をもって戦時統制を理由に終刊しましたが、1946年3月に「再建」し、1951年10月に復刊。以降毎月2回(5日・20日)発行の体裁で現在に至り、2009年に創刊90周年を迎えました。また、『キネマ旬報』により1924年度(大正13年)より選定したキネマ旬報ベスト・テンは、戦争による中断があったものの、継続的に選出され続けており、2009年のベスト・テンで83回目を数えます。これはアメリカのアカデミー賞より1回多く、世界最古の現存する映画賞として知られています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015