ニュース

イン・フレイムス、2年ぶりに新作発表

イン・フレイムス(In Flames)   2008/01/24掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 スウェーデン出身、現代ヘヴィ・メタル・シーンにおける最重要バンドの一つ、イン・フレイムスが2年ぶりとなる新作を発表します。タイトルは『A Sense Of Purpose』(写真)。日本盤(TFCK-87435 税込\2,520)は3月26日、欧州では4月4日の発売予定です。バンド自身のスタジオであるIF Studiosでレコーディングされた今作には、全12曲を収録。1stシングルは、オープニングを飾る「The Mirror's Truth」というナンバーになります。欧州では同曲が先行シングルとして3月7日にリリース。そちらにはアルバム未収録曲が3曲収められることになっています。

 賛否を分けた“アメリカナイズ”路線から一転、前作『カム・クラリティ』(2006年)では、ブルータルかつメランコリックな彼らならではのサウンドを聴かせ、絶賛を浴びました。そんな傑作に続くニュー・アルバムがどのような仕上がりになっているのか、ヘヴィ・メタル・ファンはお楽しみに。


●『A Sense Of Purpose』収録曲
01. The Mirror's Truth
02. Disconnected
03. Sleepless Again
04. Alias
05. I'm the Highway
06. Delight and Angers
07. Move Through Me
08. The Chosen Pessimist
09. Sober and Irrelevant
10. Condemned
11. Drenched In Fear
12. March To The Shore
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015