ニュース

Jad Fairとテニスコーツのジャパン・ツアーがまもなくスタート!

ジャド・フェア(JAD FAIR)   2011/02/17 16:18掲載
はてなブックマークに追加
 1970年代より変わらず唯一無二、孤高の存在として活動を続け、老若男女問わず愛されるHALF JAPANESE(ハーフ・ジャパニーズ)のハーフ、Jad Fair(ジャド・フェア)。彼が3月5日(土)の東京公演を皮切りにジャパン・ツアーをスタート!全6公演中4公演には日本が世界に誇るスーパー奇才デュオ、テニスコーツ(TENNISCOATS)が帯同、<Jad Fair + Tenniscoats Japan Tour 2011>となっています!

 5年ぶり、久々の来日となるJad Fair。彼とテニスコーツはもちろん、合流を果たしてしまうブルックリンのギター&ドラム・デュオps xoをはじめICHIおにんこ!ASUNA、CAVEMAN、OORUTAICHI(オオルタイチ) + YTAMO(ウタモ)、M.A.G.O.、わすれろ草と、各公演で出演の個性的過ぎるアクトにも注目です!

 さらに、3月4日(金)〜4月10日(日)まで、東京・早稲田 ヒロマート・ギャラリーにてJad Fair新作切り絵展〈Celebrate the Celebration〉も開催!Jad Fairといえば切り絵は外せないでしょう!ライヴと併せて必見の展覧会です!

 ツアー / 展覧会の詳細はSweet Dreamsオフィシャル・サイトにてご確認ください!


Jad Fair Japan Tour 2011〈Jad Fair + Tenniscoats Japan Tour 2011〉
(※3月5日、3月11日の公演にはテニスコーツは出演いたしません。あらかじめご了承ください)

・3月5日(土)東京 渋谷 O-nest(03-3462-4420)
出演: Jad Fair / ps xo / おにんこ! / ICHI
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円(別途ドリンク代)
チケット: 会場 / ぴあ(P: 130-380) / ローソン(L: 74748) / e+

・3月6日(日)東京 渋谷 O-nest(03-3462-4420)
出演: Jad Fair / テニスコーツ
DJ: nobuki nishiyama(tiltloose, earsore)
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円(別途ドリンク代)
チケット: 会場 / ぴあ(P: 130-380) / ローソン(L: 74748) / e+

・3月9日(水)松本 hair salon 群青(0263-34-1006)
nami to kami vol.27
出演:Jad Fair / テニスコーツ / ASUNA
開場 19:30 / 開演 20:00
3,000円 / 学生 2,000円(学生証など、証明となるものをご持参ください)
予約: 会場 / tonico(0263-34-6621) / nami to kami

・3月10日(木)名古屋 KDハポン(052-251-0324)
出演: Jad Fair / テニスコーツ / ps xo / CAVEMAN
開場 18:30 / 開演 19:00
予約 2,800円 / 当日 3,300円
予約: 会場

・3月11日(金)大阪 鰻谷 燦粋(06-6243-3641)
出演: Jad Fair / OORUTAICHI + YTAMO / ps xo / M.A.G.O.
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 3,000円 / 当日 3,500円(別途ドリンク代)
チケット: 会場(sunsuimart) / ぴあ(P: 128-539) / ローソン(L: 52143) / e+

・3月12日(土)神戸 旧グッゲンハイム邸(078-220-3924)
出演: Jad Fair / テニスコーツ / わすれろ草
フード: yugue(ユーゲ)
開場 19:00 / 開演 19:30
予約 2,800円 / 当日 3,300円
予約: 旧グッゲンハイム邸事務局

※各公演の前売りチケット予約は、前日まで「info.sweetdreams@gmail.com」でも受け付けております。お名前・電話番号・希望公演日・希望枚数をメールにてお知らせください。当日、会場受付にて前売り料金でのご精算 / ご入場とさせていただきます。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015