ニュース

ジョアンナ・ニューサム 最新EPはバンド・セットで登場

ジョアンナ・ニューサム(Joanna Newsom)   2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 この2月にレーベル・メイトであるスモッグ(ビル・キャラハン)とともに来日ツアーを行なったジョアンナ・ニューサムの最新EP「ザ・Ys・ストリート・バンド・EP」(PCD-4223 \1,785(税込))がリリースされます。日本では4月20日、アメリカでは5月5日の発売を予定しています。

 “トゥイスティッド・フォーク”とも評される独特の歌声でハープを弾き語る新世代の歌姫が、アルバム『Ys』リリース時期に行なったアメリカ・ツアーではバンド・セットでライヴを披露。その中でかなりの手ごたえを感じたというジョアンナが、観客なしでのライヴ・レコーディングを敢行したこのシングル。バンド編成による新曲に加えて、『Ys』と『ミルク・アイド・メンダー』収録曲が、新アレンジで再録音されています。繊細で甘いジョアンナの魅力に、バンド・サウンドの粗くラフな手触りと勢いが響きあうアレンジが楽しめます。


Joanna Newsom and the Ys Street Band EP
日本盤:2007年4月20日発売
PCD-4223 \1,785(税込)
US盤:2007年5月5日発売

「Colleen」
「Clam, Crab, Cockle, Cowrie(new version)」
「Cosmia (new version)」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」
[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来
[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム
[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015