ニュース

ジョアンナ・ニューサム 最新EPはバンド・セットで登場

ジョアンナ・ニューサム(Joanna Newsom)   2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 この2月にレーベル・メイトであるスモッグ(ビル・キャラハン)とともに来日ツアーを行なったジョアンナ・ニューサムの最新EP「ザ・Ys・ストリート・バンド・EP」(PCD-4223 \1,785(税込))がリリースされます。日本では4月20日、アメリカでは5月5日の発売を予定しています。

 “トゥイスティッド・フォーク”とも評される独特の歌声でハープを弾き語る新世代の歌姫が、アルバム『Ys』リリース時期に行なったアメリカ・ツアーではバンド・セットでライヴを披露。その中でかなりの手ごたえを感じたというジョアンナが、観客なしでのライヴ・レコーディングを敢行したこのシングル。バンド編成による新曲に加えて、『Ys』と『ミルク・アイド・メンダー』収録曲が、新アレンジで再録音されています。繊細で甘いジョアンナの魅力に、バンド・サウンドの粗くラフな手触りと勢いが響きあうアレンジが楽しめます。


Joanna Newsom and the Ys Street Band EP
日本盤:2007年4月20日発売
PCD-4223 \1,785(税込)
US盤:2007年5月5日発売

「Colleen」
「Clam, Crab, Cockle, Cowrie(new version)」
「Cosmia (new version)」
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015