ニュース

映画「パーティで女の子に話しかけるには」、ラブシーンの裏側を捉えたメイキング映像公開

ジョン・キャメロン・ミッチェル   2017/11/15 13:03掲載
はてなブックマークに追加
映画「パーティで女の子に話しかけるには」、ラブシーンの裏側を捉えたメイキング映像公開
 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で知られるジョン・キャメロン・ミッチェル監督の最新作「パーティで女の子に話しかけるには」が12月1日(金)より東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次ロードショー。本作のラブシーンの裏側を捉えたメイキング映像が公開されています。

 本作はアレックス・シャープ、エル・ファニングニコール・キッドマンらが出演。1977年のイギリス・ロンドン郊外を舞台に、シャープ演じる内気なパンクロック好きの少年“エン”と、ファニング演じる遠い惑星から来て、48時間で星に帰らなければならない美しい少女“ザン”の恋模様を描いています。

 公開されたメイキング映像は、ファニングがアイデアを出したというラブシーンからスタート。普段とは違う不思議な演技に、恥じらいながら笑いあうファニングとシャープの姿を捉えています。2人の演技に関してメガフォンをとったミッチェルは「撮影中、エルは本気とまではいかないまでもアレックスに恋をしていたと思います。女の子の気持ちは見ていればすぐ分かるものですよ(笑)」と語っています。



「パーティで女の子に話しかけるには」
2017年12月1日(金)より東京 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開
gaga.ne.jp/girlsatparties

[あらすじ]
パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──。

監督 / 脚本: ジョン・キャメロン・ミッチェル
原作: ニール・ゲイマン 「パーティで女の子に話しかけるには」
衣装: サンディ・パウエル
出演: エル・ファニング / アレックス・シャープ / ニコール・キッドマン


配給: ギャガ
©COLONY FILMS LIMITED 2016
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015