ニュース

話題のジャズ・ヴォーカリスト、ホセ・ジェイムズ、来日公演が決定!

ホセ・ジェイムズ(JOSE JAMES)   2008/02/13掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1月23日、デビュー・アルバム『ザ・ドリーマー』を発表し、世界を虜にした若き才人、ジャズ・ヴォーカリスト、ホセ・ジェイムズ。オフィシャル・サイトでのライヴ・ストリーミングにはアクセスが殺到、発売1週目にしてTOWER RECORDS JAZZ-VOCAL チャート1位、HMV CLUBチャート1位に輝くなど、随所で好調なセールス・アクションをみせる彼。満を持しての来日公演が決定! 4月3日、恵比寿リキッドルームで行なわれるライヴ・イベント「20th J-WAVE Gilles Peterson's“WORLDWIDE SHOWCASE 2008”〜3rd Anniversary!!〜」へ出演します。

 『WORLDWIDE』は、世界のクラブ・ジャズ・シーンを牽引しているDJであり、ホセ・ジェイムズを見出したジャイルス・ピーターソンが、UKから世界18ヵ国に向けて発信しているラジオ・プログラム。ここ日本でも2005年からJ-WAVEにて放送がスタートし、4月には放送開始3周年を迎えます。その記念イベントとして開催される「20th J-WAVE  Gilles Peterson's“WORLDWIDE SHOWCASE 2008”〜3rd Anniversary!!〜」、ジャイルス・ピーターソン自身が、東京のリアルな音楽シーンを世界に紹介すべく、極上のパフォーマンスを用意。Jazztronik、KINGDOM☆AFROCKS、J.A.Mに加え、スペシャル・ゲストとして、ホセ・ジェイムズがパフォーマンスを披露するとのこと。これは注目です!

20th J-WAVE Gilles Peterson's“WORLDWIDE SHOWCASE 2008”〜3rd Anniversary!!〜
【日時】2008年4月3日(木)
【会場】恵比寿 リキッドルーム
【開場/開演】Open18:00 / Start19:00
【チケット】3月8日(土) 発売 前売:5,000円 当日:5,500円 (税込・ドリンクチャージ別)
【出演】
《プレゼンター》
Gilles Peterson
《Live》
Jazztronik
KINGDOM☆AFROCKS
J.A.M
Jose James (from NY)
《Tokyo Jazz Originators》
沖野修也
小林径(Routine Jazz)
須永辰緒
Yama a.k.a.Sahib (Jazzbrothers Production /audio sutra sounds)
竹花英二 (JAZZBROTHERS PRODUCTION)
ラファエル セバーグ (U.F.O.,) … and more!
《スペシャルMC》
社長(SOIL & "PIMP" SESSIONS)
【一般プレイガイド】チケットぴあ, ローソンチケット, e+
【お問合せ】LIQUIDROOM/03-5464-0800
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015