ニュース

バーモント州の高校生“JUNO LEE(ジュノ・リー)”が1stミニをリリース

ジュノ・リー(JUNO LEE)   2014/08/18 16:07掲載
はてなブックマークに追加
バーモント州の高校生“JUNO LEE(ジュノ・リー)”が1stミニをリリース
 アメリカ・バーモント州に暮らす高校生、JUNO LEE(ジュノ・リー)が9月3日(水)に1stミニ・アルバム『JUNO LEE』をリリースすることが決定しました。

 JUNO LEEは韓国生まれ、日本でも3年間生活し、英語、韓国語、日本語、中国語をネイティヴに使い、またピアノ、ドラム、ギターなどを操るマルチプレイヤー&ソングライター。日本での中学にあたるアメリカンスクール時代に某レコード会社の新人開発部門に見いだされたことをきっかけに、16歳からレコーディングを開始。渡米後も休暇の度に来日、作品の制作を行なってきました。

 今作には、オリジナル3曲と、オリジナル・ラブ「接吻」、リック・アストリー「Never Gonna Give You Up」という2曲のカヴァーを収録。質の高い素直なヴォーカリゼーションとアレンジメントを聴かせてくれます。また、収録曲「Love will find the way back home」は、「中電工」のCMソング。


 普段は高校生活をおくりながら、自分で起こしたアイスクリーム会社「ELM LEA」のCEOとしても活動(!)、将来はIvyリーグへの進学を希望しているというJUNO LEE(よってこの夏から年末までは受験となり、アーティスト活動はリリースのみ。ライヴなどは来年春からの活動再開後とか)。今回は日本からのリリースとなりますが、今後の活動拠点はまだ未定だそう。気負いのない、等身大の天才にご注目ください!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015