ニュース

バーモント州の高校生“JUNO LEE(ジュノ・リー)”が1stミニをリリース

ジュノ・リー(JUNO LEE)   2014/08/18 16:07掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
バーモント州の高校生“JUNO LEE(ジュノ・リー)”が1stミニをリリース
 アメリカ・バーモント州に暮らす高校生、JUNO LEE(ジュノ・リー)が9月3日(水)に1stミニ・アルバム『JUNO LEE』をリリースすることが決定しました。

 JUNO LEEは韓国生まれ、日本でも3年間生活し、英語、韓国語、日本語、中国語をネイティヴに使い、またピアノ、ドラム、ギターなどを操るマルチプレイヤー&ソングライター。日本での中学にあたるアメリカンスクール時代に某レコード会社の新人開発部門に見いだされたことをきっかけに、16歳からレコーディングを開始。渡米後も休暇の度に来日、作品の制作を行なってきました。

 今作には、オリジナル3曲と、オリジナル・ラブ「接吻」、リック・アストリー「Never Gonna Give You Up」という2曲のカヴァーを収録。質の高い素直なヴォーカリゼーションとアレンジメントを聴かせてくれます。また、収録曲「Love will find the way back home」は、「中電工」のCMソング。


 普段は高校生活をおくりながら、自分で起こしたアイスクリーム会社「ELM LEA」のCEOとしても活動(!)、将来はIvyリーグへの進学を希望しているというJUNO LEE(よってこの夏から年末までは受験となり、アーティスト活動はリリースのみ。ライヴなどは来年春からの活動再開後とか)。今回は日本からのリリースとなりますが、今後の活動拠点はまだ未定だそう。気負いのない、等身大の天才にご注目ください!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015