ニュース

懸田貴嗣の初ソロ・アルバム、世界初録音の『ランゼッティ:チェロ・ソナタ集』が登場

懸田貴嗣   2012/09/03 15:55掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 古楽界気鋭のチェリストとしてミラノを拠点に活躍する懸田貴嗣(かけたたかし)初のソロ・アルバム『ランゼッティ:チェロ・ソナタ集』(ALCD-1131 税込2,940円)が9月7日にリリースされます。

 最初期のヴィルトゥオーゾ・チェロ奏者として18世紀に活躍したナポリ生まれの音楽家、サルヴァトーレ・ランゼッティ。イタリアのみならずフランス、イギリス、ドイツでも名声を博し、ボッケリーニやのちのヴィルトゥオーゾ作曲家たちへの道を切り開いたと言われています。

 そんなランゼッティの秘曲を世界初録音! 『チェロと通奏低音のための12のソナタ集』作品1より、6曲のチェロ・ソナタが250年の沈黙を経て再び姿を現します。

 盟友の鍵盤奏者、渡邊 孝による最高のサポートを得た懸田のチェロは、そのあふれる躍動感と清々しさによって、忘れられた音楽史の1ページを色鮮やかによみがえらせています。

※9月7日発売
懸田貴嗣(vc)渡邊 孝(hc)
『ランゼッティ:チェロ・ソナタ集』

(ALCD-1131 税込2,940円)

[収録曲]
ランゼッティ:
チェロと通奏低音のための12のソナタ集op.1より
01. チェロ・ソナタ第5番イ短調
02. チェロ・ソナタ第2番イ長調
03. チェロ・ソナタ第4番ハ長調
04. チェロ・ソナタ第1番ト長調
05. チェロ・ソナタ第3番ニ長調
06. チェロ・ソナタ第6番変ロ長調

[録音]
2011年11月20〜22日 武蔵野音楽大学シューベルトホール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015