ニュース

KANDYTOWN、1stアルバムをアナログ盤でリリース 初のインスト収録も決定

KANDYTOWN   2017/04/21 17:30掲載
はてなブックマークに追加
KANDYTOWN、1stアルバムをアナログ盤でリリース 初のインスト収録も決定
 2ndソロ・アルバム『Mood Blue』を発表したIO(BCDMG)をはじめ、総勢16名に及ぶメンバーが在籍するヒップホップ・クルー、KANDYTOWNが、昨年発表した1stアルバム『KANDYTOWN』。そのアナログ盤が180g重量盤 / 数量限定生産の12inch4枚組で6月21日(水)に発売。

 クルーとしても初のアナログ盤リリースとなる本作は、『KANDYTOWN』収録曲をはじめ、初回限定ボーナスディスクの収録曲や店舗特典音源、昨年行った全国ツアーやフリー・ライヴにて会場限定で配付されていた音源、さらにはインスト(4曲)も初収録。アナログ・プレスは、名門として知られるドイツ「OPTIMAL MEDIA」で行われ、音質にも拘った作品となっています。

 また4月21日(金)23:00より、3月に東京・新木場 STUDIO COASTで開催されたライヴ・イベント〈MTV LIVE MATCH〉の模様をMTVで放送。KANDYTOWN、AKLOTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの豪華3組による熱気溢れるパフォーマンスを再確認できます。

KANDYTOWN


■2017年6月21日(水)発売
KANDYTOWN
『KANDYTOWN』

4LP WPJL-10052〜55 4,800円 + 税
※数量限定生産 / 見開きジャケットゲートフォールド仕様 / 180g重量盤

[side A]
01. Intro
02. RTN
03. Twentyfive
04. Get Light

[side B]
05. Just Sink
06. Evidence
07. Good Die Young
08. Beautiful Life

[side C]
09. Round & Round
10. Ain't No Holding Back
11. Amazing(Interlude)
12. Feelz

[side D]
13. Song in Blue
14. Scent of a Woman
15. Paper Chase

[side E]
16. A Bad
17. The Man Who Knew Too Much
18. Against
19. Rainy Night

[side F]
20. Oboro
21. Rap City
22. Dejavu

[side G]
23. Keep it kool
24. My Business
25. A Bad(Dirty Mix)
26. Song in blue(Remix)

[side H]
27. R.T.N(Instrumental)
28. Get Light(Instrumental)
29. Rap City(Instrumental)
30. Oboro(Instrumental)


「MTV LIVE MATCH」
2017年4月21日(金)
MTV
23:00〜24:00
出演: KANDYTOWN / AKLO / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
www.mtvjapan.com/onair/program/8609
※リピート放送あり
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015