ニュース

菅野よう子最新作は時代劇!映画『阿修羅城の瞳』サントラ発売

菅野よう子   2005/02/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 『カウボーイビバップ』『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』などのアニメ作品に加えて、昨年は、おもちゃ箱をひっくり返したようなバラエティに富んだポップな楽曲が評判を集めた、深田恭子土屋アンナ主演の映画『下妻物語』の音楽を手掛け、またSMAPに楽曲を提供したりするなど、これまで以上に多彩な仕事ぶりが注目された、曲・アレンジ・演奏などを全て一人でこなすマルチ・アーティスト、菅野よう子。その彼女が今年新たにチャレンジしたのは、なんと時代劇。4月16日に劇場公開される、市川染五郎宮沢りえ主演の映画『阿修羅城の瞳』(滝田洋二郎監督)の音楽を手掛けています。

 なんでも同映画では、得意とするストリング、コーラスワークに加え、馬頭琴や笛といった、アジア楽器を随所に取り入れたサウンドを展開しているとのこと。同映画のオリジナル・サウンドトラック(VICL-61582 \1,785(税込)・写真)は、劇場公開の直前である4月13日にリリースされる予定なので、菅野よう子の描くジャポネスク伝奇ラブ・ストーリーの世界を少しでも早く堪能したい方は、同サントラをお忘れなく! なお、本アルバムに、エンディング・テーマとして使用される、スティングによるジャズ・スタンダード・ナンバー「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のカヴァーが収録されるかはどうかは、まだ不明です。
続報
『阿修羅城の瞳』サントラ、詳細
1:ジャケット・アートワークが判明しました(写真)。
2:スティングによる「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のカヴァーは収録されないことが判明しました。
3:予定されているトラック・リストが判明しました。

(01) Perdeski cloyn
(02) 佃島やりっぱなし
(03) 色男 夏枯れ三昧
(04) 縮緬エアー
(05) 一鬼夜行
(06) さかしまだ
(07) 幕の内ウエスタ
(08) この鬼殺し
(09) 恋鳴き夜猫転生譚
(10) ケレンテケレン
(11) blues in my heaven
(12) 荒れ花道
(13) ハライソ、ハライソ

全曲作・編曲:菅野よう子
*(01)作詞:Gabriela Robin 歌:ilaria graziano
*(11)作詞・歌:及川リン
[ 2005/03/17掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015