ニュース

川本真琴、京都での2018年新春弾き語りライヴが決定

川本真琴   2017/10/13 14:12掲載
はてなブックマークに追加
 昨年はデビュー20周年記念アルバム『ふとしたことです』をはじめ、リーダー・バンド“川本真琴 with ゴロニャンず”名義でのフル・アルバムや20周年記念楽曲「ホラーすぎる彼女です」、過去作のヴァイナル・リイシューなど、リリース・ラッシュとなった川本真琴が、2018年1月3日(水)に京都・北大路「SOLE CAFE」にて新春弾き語りライヴ〈「ツアー惑星」京都あけおめ編〉を開催。

 同公演は、今年4月からスタートした全国弾き語りツアー〈ツアー惑星〉の一環として開催されるもの。サポート・プレイヤーに“ゴロニャンず”のメンバーでもある植野隆司テニスコーツ)が決定しているほか、ゲストとして同じく“ゴロニャンず”の三沢洋紀真夜中ミュージック, ゆふいんの森, 元ラブクライ)の出演も発表されています。チケット予約は10月22日(日)12:00よりSOLE CAFEのメールフォームでのみ受付。



川本真琴
「ツアー惑星」京都あけおめ編


2018年1月3日(水)
京都 北大路 SOLE CAFE
開場 18:00 / 開演 18:30
前売 3,800円(税込 / 別途ドリンク代)

[予約]
SOLE CAFE
2017年10月22日(日)12:00〜

solecafe.jp/inquiry
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」
[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来
[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム
[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015