ニュース

Hakuju Hallの〈ワンダフルoneアワー〉第31回は川本嘉子と上杉春雄のデュオ・リサイタル

川本嘉子   2017/11/22 15:30掲載
はてなブックマークに追加
Hakuju Hallの〈ワンダフルoneアワー〉第31回は川本嘉子と上杉春雄のデュオ・リサイタル
 東京都交響楽団首席奏者を経て、現在ではソリスト / 室内楽奏者として活躍するヴィオラ奏者の川本嘉子と、医師でありながらピアニストとしても活躍し、国内の音楽家たちから厚い信頼を寄せられる上杉春雄が、2017年12月8日(金)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催される〈第31回 ワンダフルoneアワー〉に登場します。

 クラシックのコンサートといえば、夜の公演が多く、しかも2時間以上かかってしまうもの。「忙しいから難しい」「夜の外出はちょっと……」といった理由で行くことを諦めてしまう方におすすめしたいコンサート・シリーズが〈ワンダフルoneアワー〉。本シリーズは昼夜2回の公演で、かつ公演時間が1時間に凝縮された“音楽のエスプレッソ”と呼べるコンサートです。

 マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)や小澤征爾ら世界的な巨匠からも信頼が厚く、古典から現代曲までと幅広いレパートリーを持つ川本と、長年共演を続ける上杉。2006年にリクライニング・コンサートに登場した名デュオが今回奏でるのは、シューマンの「詩人の恋」とブラームスの「4つの厳粛な歌」です。シューマンとブラームスの“詩”と“歌”を、人の声に最も近いと言われる楽器であるヴィオラで味わえる、円熟のデュオならではの充実した公演内容が予定されています。

拡大表示拡大表示
©Takahiro Hoshiai


第31回 ワンダフルoneアワー
川本嘉子&上杉春雄 デュオ・リサイタル
円熟のデュオ シューマンとブラームスの「詩」と「歌」

www.hakujuhall.jp/syusai/123.html

2017年12月8日(金) 
15:00〜 / 19:30〜
※休憩なし約1時間
各回全席指定3,000円(税込)


[出演]
川本嘉子(va) / 上杉春雄(p)

[プログラム]
シューマン: 詩人の恋 op.48 (ヴィオラ&ピアノ版)
ブラームス: 4つの厳粛な歌 op.121 (ヴィオラ&ピアノ版)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」
[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来
[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム
[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015