ニュース

川嶋あい、ニュー・シングルを6月にリリース

川嶋あい   2017/03/31 16:40掲載
はてなブックマークに追加
川嶋あい、ニュー・シングルを6月にリリース
 毎年恒例となっている8月20日のコンサートを、今年は〈Ai Kawashima 15th Anniversary Concert 〜Timber Magic〜〉と題して東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホールにて開催するシンガー・ソングライター、川嶋あいが、ニュー・シングル(タイトル未定)を6月14日(水)にリリース。

 シングルとしては「とびら」以来約2年ぶり、通算24枚目となる同作は、ミドルテンポの“恋愛ソング”。カップリングには、昨年8月20日に東京・オリンパスホール八王子で開催したワンマン・ライヴ〈Ai Kawashima Concert 2016 〜Travel Diary〜〉にて、リオ・オリンピック開催前に卓球・福原 愛選手に向けて披露した楽曲「Beautifull!!」が収録されます。初回盤(TRAK-0154〜5 4,500円 + 税)、通常盤(TRAK-0156 907円 + 税)の2形態での発売が決定しており、初回盤DVDには〈Travel Diary〉の模様を収めたライヴDVDが付属。

 なお川嶋あいは、4月6日(木)より放送がスタートするTVアニメ「月がきれい」のOP / EDテーマ曲となっている東山奈央イマココ / 月がきれい」作詞を担当しています。

この度、2年ぶりに新しい作品を発表することとなりました。
これまでにあまりなかった印象の、少し大人っぽく上品なラブソングに仕上がったと思っております。
コンセプトは、“気持ちのアップデート”
好きな人と歩いていく道のりの中で、ちょっと行き詰まったり、マンネリ化してしまいそうな時、今までとは別の角度から相手のことを見つめてみたり考えてみたりして、また新たな感情に出会い、曇っていた気持ちが晴れて行く…。
そんな恋をしている繊細な気持ちを切り取って描いてみました。
恋をしているたくさんの方に聞いていただき、少しでも何か感じていただけると心から嬉しく思っています。

――川嶋あい

■2017年6月14日(水)発売
川嶋あい
「タイトル未定」

初回盤 TRAK-0154〜5 4,500円 + 税
通常盤 TRAK-0156 907円 + 税

[収録曲]
01. タイトル未定
02. Beautiful!!

[初回盤DVD]
「Ai Kawashima Concert 2016 〜Travel Diary〜」全編収録

Ai Kawashima 15th Anniversary Concert
〜Timber Magic〜


2017年8月20日(日)
東京 渋谷 Bunkamuraオーチャードホール
開場 16:00 / 開演 17:00

[チケット]
15周年プレミアムチケット(FC先行受付のみ) 10,000円(税込 / 特典付き)
通常前売チケット 6,800円(税込)

※3歳未満無料・但しお席の必要な方は有料
※15周年プレミアムチケットの特典は後日FC会員限定サイトにて公開予定
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015