ニュース

「STAATSOPER.TV」にてプッチーニの三部作と「ワルキューレ」24時間限定オンデマンド配信決定

キリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)   2017/12/14 14:02掲載
はてなブックマークに追加
「STAATSOPER.TV」にてプッチーニの三部作と「ワルキューレ」24時間限定オンデマンド配信決定
 ドイツを代表する歌劇場のひとつ、バイエルン国立歌劇場の高画質無料のライヴ・ストリーミング「STAATSOPER.TV」の“2017 / 18(年)シーズン・ラインナップ”より、12月のキリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)指揮プッチーニ三部作(『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』)(新演出)及び、1月のK.ペトレンコ指揮ワーグナー『ニーベルングの指環』「ワルキューレ」を本国でのライヴ・ストリーミング配信後に24時間限定でオンデマンド配信することが決定。なお、当初予定されていた12月24日(日)19:00からのプッチーニ三部作のアジア向けライヴ・ストリーミング配信はありません。

 「STAATSOPER.TV」は、2011年よりバイエルン国立歌劇場が配信している無料のライヴ・ストリーミング。配信映像は客席に設置された 4〜6台のカメラでステージやオーケストラ・ピットを捉え、40本のマイクを各所に設置するなど、臨場感ある音と映像が特徴です。画像はハイビジョン画質(フルHD)によって制作、さらに帯域幅が拡大されたHDの解像度でストリーム配信することによって、優れた画質で提供されます。また三段階の伝送品(Low、High、HD)を選択でき、パソコン、タブレット型コンピュータ、スマートフォンなどでも利用できる環境です。英語字幕付きで上演、加えて上演前や休憩中には歌劇場総裁ニコラウス・バッハラーによる作品紹介や次回作品の出演者のインタビューなどが配信されます。

プッチーニ 三部作『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』(新演出)
www.staatsoper.de/tv-asia
2017年12月24日(日)19:00〜25日(月)19:00配信
(現地開催日程: 12月23日上演)
※英語字幕
※配信当日に上記サイトよりご覧いただけます。


演出: ロッテ・デ・ビア
指揮: キリル・ペトレンコ
出演: ウォルフガング・コッホ、エヴァ=マリア・ウェストブルック、ヨンフン・リー、パヴォル・ブレスリク、エルモネラ・ヤオ、ミヒャエラ・シュースター、アンブロージョ・マエストリ、ローザ・フェオラ 他


ワーグナー『ニーベルングの指環』「ワルキューレ」(新演出)
www.staatsoper.de/tv-asia
2018年1月23日(火)8:00〜24日(水)8:00配信
(現地開催日程: 1月22日上演)
※英語字幕
※配信当日に上記サイトよりご覧いただけます。


演出: アンドレアス・クリーゲンブルク
指揮: キリル・ペトレンコ
出演: サイモン・オニール、アニヤ・カンペ、ニーナ・シュテンメ、ウォルフガング・コッホ、エカテリーナ・グバノヴァ、アイン・アンガー 他

※配信スケジュールは変更となる場合がございます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015