ニュース

木住野佳子、恒例のニュー・イヤー・ライヴをCOTTON CLUBで開催

木住野佳子   2017/10/13 14:03掲載
はてなブックマークに追加
木住野佳子、恒例のニュー・イヤー・ライヴをCOTTON CLUBで開催
 優美にして端正な演奏で人気を集めるジャズ・ピアニストの木住野佳子が、恒例となったニュー・イヤー・ライヴを、2018年1月20日(土)に東京・丸の内 COTTON CLUBで開催。

 木住野は、絶対音感に恵まれ、3歳の頃からピアノ・レッスンを開始。桐朋大学音楽学部でクラシックを学び、卒業後、新たな方向性を求めてジャズ・ミュージシャンへの道を踏み出しました。1995年、GRPレーベルから日本人初のインターナショナル・アーティストとしてデビューし、自身のグループによる活動に加え、シンガーとのコラボレーション、映画やテレビCM曲の制作などでも才能を発揮。今年の5月には、イタリア・ミラノでソロ・コンサートを開催しました。

 席の予約は10月14日(土)より受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのオフィシャル・サイトでご確認ください。

木住野佳子トリオ
- New Year Live 2018 -

www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/yoshiko-kishino

2018年1月20日(土)
東京 丸の内 COTTON CLUB
1st 開場16:00 / 開演 17:00
2nd 開場18:30 / 開演 20:00
チャージ 6,000円(税込 / 飲食代別)
予約受付開始日 2017年10月14日(土)


[メンバー]
木住野佳子 (p)
早川哲也 (b)
加納樹麻 (ds)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」
[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来
[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム
[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015