ニュース

元キッスのギタリスト、マーク・セント・ジョンが死去

KISS   2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 元キッスのギタリストであるマーク・セント・ジョン(本名マーク・レスリー・ノートン)が、4月5日に脳溢血のため死去しました。享年51。マークはヴィニー・ヴィンセントに代わり1984年にキッスに加入。同年リリースの『アニマライズ』(写真)でプレイしましたが、ライター症候群という病気のためにギターを弾くのが困難となり、キッスのメンバーとしては数回のショウをこなしただけで脱退しています。その後、80年代には自身のバンドであるWhite Tiger、90年代以降はピーター・クリスと組むなど、地道な活動を行なっていた模様です。

 キッスに関連したメンバーの中ではもっとも影の薄い存在かもしれませんが、非常に華やかな仕上がりの『アニマライズ』に、そのプレイがマッチしていたのは事実。キッスのメンバーとしての雄姿は、「ヘヴンズ・オン・ファイアー」のビデオ・クリップに残っています。マークのご冥福を心からお祈りします。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015