ニュース

Klaus Dingerの遺作『2000!』、RECORD STORE DAYに発売

クラウス・ディンガー(Klaus Dinger)   2017/04/21 16:57掲載
はてなブックマークに追加
Klaus Dingerの遺作『2000!』、RECORD STORE DAYに発売
 NEU!LA DÜSSELDORFのファウンダーとしてのみならず、ソロとしても様々なクリエイターとのセッションで多くの名作を残してきた故・Klaus Dinger。その遺作のひとつである“Klaus Dinger & preJapandorf”名義での作品『2000!』が、Herbert Grönemeyer主宰レーベル「Grönland Records」より登場。5月のCD発売に先駆け、4月22日(土)の〈RECORD STORE DAY〉に合わせてヴァイナル・ヴァージョンが発売されます。

 『2000!』は、2013年に同レーベルより発売された『Klaus Dinger + Japandorf』のプロトタイプとも言うべき作品。美術家・中尾正樹、尾之内和之と出会ったことにより構想がスタートしたというLA DÜSSELDORF『Viva』のリミックス・プロジェクトに端を発し、中尾がヴォーカル、尾之内がドラムとレコーディング・エンジニアを務めているほか、ベルリンを拠点に活動する美術家・Thea DjordjadzeとTORESCHのViktoria Wehrmeisterがヴォーカル、KREIDLERのAndreas Reihseがキーボードで参加。全てオランダにあるDinger所有のスタジオ「Zeeland Studio」でのワンショット・レコーディングとなっています。

■2017年4月22日(土)発売
Klaus Dinger & preJapandorf
『2000!』

LPGRON170

[side A]
01. June 2. 2000! Lilienthal Studio
02. Pure Energy
03. Talk
04. Mayday 2000!

[side B]
01. Untitled, September 12. 2000!
02. Midsummer
03. THANK YOU ALL!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015