ニュース

クラウス・ノミ 映画『ノミ・ソング』公開にさきがけ、CD3タイトル登場!

クラウス・ノミ(Klaus Nomi)   2005/04/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 80年代のニューヨークに突然現われ、あっという間にエイズでこの世を去ってしまった(著名人では第1号のエイズ患者ともいわれている)、まさに異形のパフォーマー、クラウス・ノミ。彼がRCAからリリースした2枚のアルバム『オペラ・ロック(原題:KLAUS NOMI)』(BVCM-37609 \2,100(税込))、『シンプル・マン(原題:SIMPLE MAN)』(BVCM-37610 \2,100(税込))が初回生産限定の紙ジャケット仕様による日本初CD化、さらにこちらも日本初CD化となるベスト盤『ザ・コレクション〜ベスト・オブ・クラウス・ノミ』(写真・BVCM-37603 \2,100(税込))を5月25日にリリース!
 1944年ドイツに生まれ、オペラ歌手の訓練を積み、1972年ニューヨークに移り住んだのち、そのカウンターテナーと奇抜な服装で一躍アンダーグラウンドで注目を集め、さらにデヴィッド・ボウイとの『サタデー・ナイト・ライヴ』での共演で、世間をあっと言わせたクラウス。日本でもかつておなじみの存在で、たとえば“スネークマン・ショー”で「コールド・ソング」が収録されたり、パルコやSEIKOの広告、CMに登場、さらに江口寿史の漫画『ストップ!ひばりくん』にもそのキャラクターが登場するなど、80's初頭の日本におけるサブカルチャーの象徴のひとつでもあったんですね。そんな彼の半生を綴った映画『ノミ・ソング』が、初夏に渋谷シアターイメージフォーラムにてロードショーの予定があり、長年忘れられた存在だったクラウスをあらためて思い出す、あるいは知らなかった方にとっては、その不思議なアーティストを知るきっかけとなりそうですよ。CDも映画も要チェック!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015