ニュース

クラウス・ノミ 映画『ノミ・ソング』公開にさきがけ、CD3タイトル登場!

クラウス・ノミ(Klaus Nomi)   2005/04/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 80年代のニューヨークに突然現われ、あっという間にエイズでこの世を去ってしまった(著名人では第1号のエイズ患者ともいわれている)、まさに異形のパフォーマー、クラウス・ノミ。彼がRCAからリリースした2枚のアルバム『オペラ・ロック(原題:KLAUS NOMI)』(BVCM-37609 \2,100(税込))、『シンプル・マン(原題:SIMPLE MAN)』(BVCM-37610 \2,100(税込))が初回生産限定の紙ジャケット仕様による日本初CD化、さらにこちらも日本初CD化となるベスト盤『ザ・コレクション〜ベスト・オブ・クラウス・ノミ』(写真・BVCM-37603 \2,100(税込))を5月25日にリリース!
 1944年ドイツに生まれ、オペラ歌手の訓練を積み、1972年ニューヨークに移り住んだのち、そのカウンターテナーと奇抜な服装で一躍アンダーグラウンドで注目を集め、さらにデヴィッド・ボウイとの『サタデー・ナイト・ライヴ』での共演で、世間をあっと言わせたクラウス。日本でもかつておなじみの存在で、たとえば“スネークマン・ショー”で「コールド・ソング」が収録されたり、パルコやSEIKOの広告、CMに登場、さらに江口寿史の漫画『ストップ!ひばりくん』にもそのキャラクターが登場するなど、80's初頭の日本におけるサブカルチャーの象徴のひとつでもあったんですね。そんな彼の半生を綴った映画『ノミ・ソング』が、初夏に渋谷シアターイメージフォーラムにてロードショーの予定があり、長年忘れられた存在だったクラウスをあらためて思い出す、あるいは知らなかった方にとっては、その不思議なアーティストを知るきっかけとなりそうですよ。CDも映画も要チェック!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015