ニュース

木暮“shake”武彦によるサイケ・イベントが高円寺HIGHで8月に開催 “夜明けの口笛吹き”出演

木暮武彦   2018/05/16 13:49掲載
はてなブックマークに追加
木暮“shake”武彦によるサイケ・イベントが高円寺HIGHで8月に開催 “夜明けの口笛吹き”出演
 昨年デビュー30周年を迎えたRED WARRIORSのメンバーとしても知られるギタリスト、木暮“shake”武彦が、“1967年のロンドン / サイケデリック”をテーマにしたライヴ・イベント〈1967 LONDON サイケデリックハプニング Vol.1〉を8月21日(火)に東京・高円寺 HIGHで開催。

 本公演には、木暮がピンク・フロイドを愛する仲間たちに声をかけて結成した原始神母からの派生バンド“夜明けの口笛吹き aka 原始神母 〜PINK FLOYD TRIPS〜”をはじめ、マルコシアス・バンプアキマツネオと石田光宏によるアコースティック・ユニット“アキマ&イシダ”や、シタール奏者の伊藤公朗、ライトショー・チームOVERHEADSなどが出演します。

拡大表示拡大表示

1967年に何が起こったのか?

ピンクフロイド、ジミヘン、ドアーズが現れ、サージェントペパーがリリースされ、サマーオブラヴ、モンタレーポップフェスティバルがあった年。ストーンズ、ドノヴァンまで巻き込んで、カラフルであり、楽しさと危なさを感じる音楽、宇宙を感じる音、そういうものは全てこの瞬間に始まった。

1967年のロンドンがどんな世界だったのか覗いてみたい! ということで、好きなことを何でも自由にやるのがサイケデリックの精神なら、それに乗っかってやってしまえ!

――木暮“shake”武彦

Shake Presents「1967 LONDON サイケデリックハプニング Vol.1」
2018年8月21日(火)
東京 高円寺 HIGH
出演: 夜明けの口笛吹き aka 原始神母 〜PINK FLOYD TRIPS〜 / アキマ&イシダ / 伊藤公朗 / OVERHEADS
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 5,000円 / 当日 5,500円(税込 / 整理番号付 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: ネクストロード 03-5114-7444(平日14:00〜18:00)

[チケット一般発売]
6月16日(土)〜
HIGH店頭 / ローチケ / e+
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』
[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表
[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」
[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌
[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015