ニュース

メタル界の“森の妖精”、コルピクラーニが早くも新作発表

KORPIKLAANI   2008/01/30掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 フィンランド出身、“森の妖精”の異名を取り、トラッド・フォークとヘヴィ・メタルを大胆に融合させた音楽性で熱い支持を得るコルピクラーニが、早くも新作を発表することになりました。『Korven Kuningas』(写真)というタイトルの今作、欧州で3月21日、日本盤(MICP-10721 税込2,700円)は『森界の王』という邦題で、3月26日の発売予定です。

 彼らは昨年6月に『コルピと古の黒き賢者』をリリースしたばかり。なんと、わずか9ヶ月での新作発表になります。その間には初の来日公演も成功させており、日本での人気もますます上昇中。そんな中で登場する今作がどのような仕上がりになっているのか、期待しましょう。現在、Myspaceではアルバムのハイライトをメドレー形式にした音源が公開されていますので、ファンはチェックを。

 なお、彼らはこの新作から欧州ではNuclear Blastと、日本ではマーキー/アヴァロンと契約。レーベル移籍にともない、日本では恒例となっている楽曲の強烈な邦題がどうなるのかも、マニアは気になるところ?


『森界の王』収録曲
01. Tapporauta
02. Metsamies
03. Keep On Galloping
04. Northern Fall
05. Shall We Take A Turn?
06. Paljon On Koskessa Kivia
07. Ali Jaisten Vetten
08. Gods On Fire
09. Kipakka
10. Kantaiso
11. Kipumylly
12. Suden Joiku
13. Runamoine
14. Syntykoski Syommehessain
15. Korven Kuningas
※日本盤ボーナス・トラック収録予定
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015