ニュース

メタル界の“森の妖精”、コルピクラーニが早くも新作発表

KORPIKLAANI   2008/01/30掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 フィンランド出身、“森の妖精”の異名を取り、トラッド・フォークとヘヴィ・メタルを大胆に融合させた音楽性で熱い支持を得るコルピクラーニが、早くも新作を発表することになりました。『Korven Kuningas』(写真)というタイトルの今作、欧州で3月21日、日本盤(MICP-10721 税込2,700円)は『森界の王』という邦題で、3月26日の発売予定です。

 彼らは昨年6月に『コルピと古の黒き賢者』をリリースしたばかり。なんと、わずか9ヶ月での新作発表になります。その間には初の来日公演も成功させており、日本での人気もますます上昇中。そんな中で登場する今作がどのような仕上がりになっているのか、期待しましょう。現在、Myspaceではアルバムのハイライトをメドレー形式にした音源が公開されていますので、ファンはチェックを。

 なお、彼らはこの新作から欧州ではNuclear Blastと、日本ではマーキー/アヴァロンと契約。レーベル移籍にともない、日本では恒例となっている楽曲の強烈な邦題がどうなるのかも、マニアは気になるところ?


『森界の王』収録曲
01. Tapporauta
02. Metsamies
03. Keep On Galloping
04. Northern Fall
05. Shall We Take A Turn?
06. Paljon On Koskessa Kivia
07. Ali Jaisten Vetten
08. Gods On Fire
09. Kipakka
10. Kantaiso
11. Kipumylly
12. Suden Joiku
13. Runamoine
14. Syntykoski Syommehessain
15. Korven Kuningas
※日本盤ボーナス・トラック収録予定
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015