ニュース

クラフトワーク初のオフィシャル・ライヴ作品、いよいよ発売

クラフトワーク(Kraftwerk)   2005/04/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
クラフトワーク初のオフィシャル・ライヴ作品、いよいよ発売
 以前にお伝えした、クラフトワーク初のオフィシャル・ライヴ作品『Minimum Maximum』(写真)がいよいよリリースされることに!

 リリースされるのは、2004年から始まったワールド・ツアーの模様を収めた作品で、ヨーロッパ、アメリカ、そして日本で行なわれたライヴの中からベスト・トラックを全22曲セレクト。まだトラック・リストは発表されていませんが、一説によれば、過去の代表曲から最新作『ツール・ド・フランス』収録曲「エアロ・ダイナミック」までを網羅したベスト盤的内容となる模様です。

 リリースは以前にお伝えしたように、DVD版(2枚組)、CD版(2枚組)、SA-CDハイブリッド版(2枚組)、スペシャル・デザインボックス仕様のアナログ版(4枚組)の4フォーマットを予定していますが、とりあえずアメリカではCD版のリリース日が確定。Astralwerksレーベルより6月7日にリリースされる予定です。

 なお、クラフトワークは5月30日から7月4日まで、アメリカおよびヨーロッパを廻るワールド・ツアーも予定されています。

≪ワールド・ツアー日程≫
(日付 地域 会場)
・05/30 Washington, D.C. - 9:30 Club
・05/31 Washington, D.C. - 9:30 Club
・06/01 New York, NY - Hammerstein
・06/02 Detroit, MI - State Theatre
・06/04 Chicago, IL - Riviera Theatre
・06/06 Los Angeles, CA - Greek Theatre
・06/11 Venice, Italy - Biennale Palagalileo
・06/13 Belgrade, Serbia and Montenegro - Kalemegdan Fortress
・06/14 Sofia, Bulgaria - Palace of Culture
・06/16 Skopje, Macedonia - Skopsko Lizgaliste
・06/17 Thessaloniki, Greece - Theatro Gis
・06/18 Athens, Greece - Lycabettus
・06/20 Istanbul, Turkey - Rock Istanbul festival
・06/30 Werchter, Belgium - Rock Werchter festival
・07/03 Belfort, France - Eurockeennes
・07/04 Montreux, France - Montreux Jazz Festival
続報
クラフトワークのライヴ作品、収録曲
まだ確定ではないので変更の可能性はありますが、全世界注目の収録予定曲がついに判明! シツコイようですが確定ではないので、それを踏まえてご覧ください。

●ディスク1:
(01) The Man-Machine - Warszawa Sala Kongresowa (7:53)
(02) Planet Of Visions - Ljubljana Krizanke (4:45)
(03) Tour De France Etape 1 - Riga Olimpiska Hall (4:21)
(04) Chrono - Riga Olimpiska Hall (1:29)
(05) Tour De France Etape 2 - Riga Olimpiska Hall (4:48)
(06) Vitamin - Moskwa Lushniki (6:41)
(07) Tour De France - Paris Le Grand Rex (6:18)
(08) Autobahn - Berlin Tempodrom (8:51)
(09) The Model - London Brixton Academy (3:41)
(10) Neon Lights - London Royal Festival Hall (5:56)

●ディスク2:
(01) Radioactivity - Warszawa Sala Kongresowa (7:41)
(02) Trans Europe Express - Budapest Sportarena (5:01)
(03) Metal On Metal - Budapest Sportarena (4:28)
(04) Numbers - San Francisco the Warfield (4:25)
(05) Computer World - Moskwa Lushniki (2:56)
(06) Home Computer - Warszawa Sala Kongresowa (5:54)
(07) Pocket Calculator - Moskwa Lushniki (2:58)
(08) Dentaku - Tokyo Shibuya Ax (3:14)
(09) The Robots - Moskwa Lushniki (7:23)
(10) Elektro Kardiogramm - Tallinn Exhibition Hall (4:41)
(11) Aerodynamik - Riga Olimpiska Halle (7:12)
(12) Music Non Stop - Moskwa Lushniki (9:52)
[ 2005/04/19掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015