ニュース

映画「フェリシーと夢のトウシューズ」の日本語吹替え版に熊川哲也が出演

熊川哲也   2017/06/19 14:44掲載
はてなブックマークに追加
映画「フェリシーと夢のトウシューズ」の日本語吹替え版に熊川哲也が出演
 エッフェル塔の建設が進む19世紀末のフランス・パリを舞台に、バレリーナを夢見る少女の物語を描いたアニメーション映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が8月12日(土)より全国でロードショー。本作の日本語吹替え版に、バレエダンサーの熊川哲也が出演します。

 フランス映画『最強のふたり』の製作陣が初めてアニメーション映画に挑んだ本作。踊ることが大好きな少女“フェリシー”が親友の“ヴィクター”と新たな世界に飛び出して成長していく様子を描いています。オリジナル版のヴォイス・キャストを務めたのはエル・ファニングデイン・デハーン、歌手のカーリー・レイ・ジェプセン。日本語吹替え版では土屋太鳳黒木 瞳夏木マリが吹替えを担当しています。

 バレエ学校のカリスマ指導者“メラントゥ”の声を務めた熊川は「フェリシーのバレエへのひたむきな情熱や、夢や希望へ向かっていく姿が心に染みました」とコメント。また自身もバレエを指導する立場であることから「(指導者は)根底に愛がなくてはいけないと思う。バレエに対する愛はもちろん、人間愛が必要だと思います」と語りました。さらに「奮闘するフェリシーがとても可愛らしく、ほっこりして癒されました。子供だけではなく、教育に携わる人、芸術家、子供をもつ親、すべての大人たちが共感できるシーンがあると思います」と述べています。

「フェリシーと夢のトウシューズ」
2017年8月12日(土)東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー
www.ballerina-movie.jp

監督: エリック・サマー / エリック・ワリン
脚本: キャロル・ノーブル / エリック・サマー / ローラン・ゼトゥンヌ
声の出演: エル・ファニング / デイン・デハーン / カーリー・レイ・ジェプセン

原題: BALLERINA / 2016 / フランス・カナダ / シネスコ / 89 分 / 5.1ch / 英語 / 日本語字幕: 稲田嵯裕里
©2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015