ニュース

実在の連続殺人鬼を描いた『ハネムーン・キラーズ』映像特典満載で国内初Blu-ray化

レナード・カッスル(LEONARD KASTLE)   2017/12/14 13:11掲載
はてなブックマークに追加
実在の連続殺人鬼を描いた『ハネムーン・キラーズ』映像特典満載で国内初Blu-ray化
 “ロンリー・ハーツ・キラー事件”と呼ばれ、1940年代に全米を震撼させた殺人鬼カップル、レイモンド・フェルナンデスとマーサ・ベックの実話を基に制作された映画『ハネムーン・キラーズ』。レナード・カッスルが監督と脚本を務め、1970年に公開されたこの映画のBlu-ray(KIXF-543 4,800円 + 税)が2018年1月17日(水)に発売されます。国内では今回が初のBlu-ray化となり、同日にはDVD(KIBF-1565 3,800円 + 税)も再発売されます。

 今回のリリースにあたってBlu-ray&DVDには、後年ロンリー・ハーツ・キラー事件を映画化したトッド・ロビンソン監督(『ロンリーハート』 / 2006年)、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督(『地獄愛』 / 14年)や、本作で主演を務めたトニー・ロー・ビアンコらによる貴重な証言を集めた、日本初登場となる映像特典を約74分に亘って収録。なかでも、祖父が実際に事件で捜査にあたった殺人課の刑事だったというトッド・ロビンソンは、その豊富な知識を披露しています。

拡大表示拡大表示


©1969 ROXANNE CO. ALL RIGHTS RESERVED.

■2018年1月17日(水)発売
『ハネムーン・キラーズ』
Blu-ray KIXF-543 4,800円 + 税
DVD KIBF-1565 3,800円 + 税

[映像特典]
・ラブレター(トニー・ロー・ビアンコ、マリリン・クリス、編集のスタン・ワーナウが作品を語る)
・モラルを超えて(『変態村』『地獄愛』のファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督が語る)
・体形差別(『ロンリーハート』のトッド・ロビンソン監督が語る)
・イカれた2人組(トッド・ロビンソン監督が実際の事件について語る)
・オリジナル予告編
・日本版予告篇

※Blu-ray&DVD共通

発売・販売: キングレコード
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015