ニュース

鶴岡龍とマグネティックス、バンドセットでのライヴをMOTION BLUE YOKOHAMAにて開催

鶴岡龍   2017/09/25 15:41掲載
はてなブックマークに追加
鶴岡龍とマグネティックス、バンドセットでのライヴをMOTION BLUE YOKOHAMAにて開催
 昨年末に初のフル・アルバム『LUVRAW』(写真)を発表して以降、永田一直率いる「ExT Recordings」からの7inchヴァイナル「ドレス」や、CD-R作品『甘夏 EP』をリリースしている“鶴岡龍とマグネティックス”が、いよいよバンドセットでのライヴ・パフォーマンスを披露。10月6日(金)、神奈川・横浜 MOTION BLUE YOKOHAMAでの公演が決定しています。

 当日はトークボックスおよびシンセサイザー担当の鶴岡 龍以下、牧 里江子(pf)、中久木八幡太郎(b)、Arban Sachs(Sax)、Takafumi Sakuma(g)、桑原 優(vib, synth)、阿修羅くん(dr, per)、シマダボーイ(per)、NOPPAL(cho)が出演。エキゾチシズム薫る横浜を舞台に、生々しくも幻惑的な『LUVRAW』『甘夏 EP』からの楽曲はもちろん、カヴァー曲も交えた2部構成のステージが予定されています。チケットの予約はMOTION BLUE YOKOHAMAにてオンライン(要会員登録)および電話にて受付中。



鶴岡龍とマグネティックス
-IMAGE CLUV- 2017 After Summer


2017年10月6日(金)
神奈川 横浜 MOTION BLUE YOKOHAMA
開場 18:00 / 開演 19:30
※ステージ時間は約100分を予定しております。
※ステージの間に30分程度の休憩を挟みます。

自由席 4,500円
BOX席 18,000円(別途シート・チャージ4,000円 / 4名様までご利用可能)
※BOX席はインターネットからのみご予約頂けます。
※ご予約受付はモーションブルーのみとなっております。-IMAGE CLUV-ではご予約いただけませんのでご注意下さい。
※座席数に限りがございますのでお早めのご予約をお勧めいたします。


[メンバー]
鶴岡 龍(Talkbox, Synthesizer)
牧 里江子(Piano)
中久木八幡太郎(Bass)
Arban Sachs(Sax)
Takafumi Sakuma(Guitar)
桑原 優(Vibraphone, Synthesizer)
阿修羅くん(Drums, Percussion)
シマダボーイ(Percussion)
NOPPAL(Chorus)

[WEB予約]
MOTION BLUE YOKOHAMA
※会員登録が必要です。
※お支払いはクレジットカードになります。
www.motionblue.co.jp/artists/tsuruoka_ryu/index.html

[電話予約]
MOTION BLUE YOKOHAMA
045-226-1919(11:00〜21:00)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015