ニュース

鶴岡龍とマグネティックス、バンドセットでのライヴをMOTION BLUE YOKOHAMAにて開催

鶴岡龍   2017/09/25 15:41掲載
はてなブックマークに追加
鶴岡龍とマグネティックス、バンドセットでのライヴをMOTION BLUE YOKOHAMAにて開催
 昨年末に初のフル・アルバム『LUVRAW』(写真)を発表して以降、永田一直率いる「ExT Recordings」からの7inchヴァイナル「ドレス」や、CD-R作品『甘夏 EP』をリリースしている“鶴岡龍とマグネティックス”が、いよいよバンドセットでのライヴ・パフォーマンスを披露。10月6日(金)、神奈川・横浜 MOTION BLUE YOKOHAMAでの公演が決定しています。

 当日はトークボックスおよびシンセサイザー担当の鶴岡 龍以下、牧 里江子(pf)、中久木八幡太郎(b)、Arban Sachs(Sax)、Takafumi Sakuma(g)、桑原 優(vib, synth)、阿修羅くん(dr, per)、シマダボーイ(per)、NOPPAL(cho)が出演。エキゾチシズム薫る横浜を舞台に、生々しくも幻惑的な『LUVRAW』『甘夏 EP』からの楽曲はもちろん、カヴァー曲も交えた2部構成のステージが予定されています。チケットの予約はMOTION BLUE YOKOHAMAにてオンライン(要会員登録)および電話にて受付中。



鶴岡龍とマグネティックス
-IMAGE CLUV- 2017 After Summer


2017年10月6日(金)
神奈川 横浜 MOTION BLUE YOKOHAMA
開場 18:00 / 開演 19:30
※ステージ時間は約100分を予定しております。
※ステージの間に30分程度の休憩を挟みます。

自由席 4,500円
BOX席 18,000円(別途シート・チャージ4,000円 / 4名様までご利用可能)
※BOX席はインターネットからのみご予約頂けます。
※ご予約受付はモーションブルーのみとなっております。-IMAGE CLUV-ではご予約いただけませんのでご注意下さい。
※座席数に限りがございますのでお早めのご予約をお勧めいたします。


[メンバー]
鶴岡 龍(Talkbox, Synthesizer)
牧 里江子(Piano)
中久木八幡太郎(Bass)
Arban Sachs(Sax)
Takafumi Sakuma(Guitar)
桑原 優(Vibraphone, Synthesizer)
阿修羅くん(Drums, Percussion)
シマダボーイ(Percussion)
NOPPAL(Chorus)

[WEB予約]
MOTION BLUE YOKOHAMA
※会員登録が必要です。
※お支払いはクレジットカードになります。
www.motionblue.co.jp/artists/tsuruoka_ryu/index.html

[電話予約]
MOTION BLUE YOKOHAMA
045-226-1919(11:00〜21:00)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015