ニュース

鶴岡龍とマグネティックス、バンドセットでのライヴをMOTION BLUE YOKOHAMAにて開催

鶴岡龍   2017/09/25 15:41掲載
はてなブックマークに追加
鶴岡龍とマグネティックス、バンドセットでのライヴをMOTION BLUE YOKOHAMAにて開催
 昨年末に初のフル・アルバム『LUVRAW』(写真)を発表して以降、永田一直率いる「ExT Recordings」からの7inchヴァイナル「ドレス」や、CD-R作品『甘夏 EP』をリリースしている“鶴岡龍とマグネティックス”が、いよいよバンドセットでのライヴ・パフォーマンスを披露。10月6日(金)、神奈川・横浜 MOTION BLUE YOKOHAMAでの公演が決定しています。

 当日はトークボックスおよびシンセサイザー担当の鶴岡 龍以下、牧 里江子(pf)、中久木八幡太郎(b)、Arban Sachs(Sax)、Takafumi Sakuma(g)、桑原 優(vib, synth)、阿修羅くん(dr, per)、シマダボーイ(per)、NOPPAL(cho)が出演。エキゾチシズム薫る横浜を舞台に、生々しくも幻惑的な『LUVRAW』『甘夏 EP』からの楽曲はもちろん、カヴァー曲も交えた2部構成のステージが予定されています。チケットの予約はMOTION BLUE YOKOHAMAにてオンライン(要会員登録)および電話にて受付中。



鶴岡龍とマグネティックス
-IMAGE CLUV- 2017 After Summer


2017年10月6日(金)
神奈川 横浜 MOTION BLUE YOKOHAMA
開場 18:00 / 開演 19:30
※ステージ時間は約100分を予定しております。
※ステージの間に30分程度の休憩を挟みます。

自由席 4,500円
BOX席 18,000円(別途シート・チャージ4,000円 / 4名様までご利用可能)
※BOX席はインターネットからのみご予約頂けます。
※ご予約受付はモーションブルーのみとなっております。-IMAGE CLUV-ではご予約いただけませんのでご注意下さい。
※座席数に限りがございますのでお早めのご予約をお勧めいたします。


[メンバー]
鶴岡 龍(Talkbox, Synthesizer)
牧 里江子(Piano)
中久木八幡太郎(Bass)
Arban Sachs(Sax)
Takafumi Sakuma(Guitar)
桑原 優(Vibraphone, Synthesizer)
阿修羅くん(Drums, Percussion)
シマダボーイ(Percussion)
NOPPAL(Chorus)

[WEB予約]
MOTION BLUE YOKOHAMA
※会員登録が必要です。
※お支払いはクレジットカードになります。
www.motionblue.co.jp/artists/tsuruoka_ryu/index.html

[電話予約]
MOTION BLUE YOKOHAMA
045-226-1919(11:00〜21:00)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015