ニュース

マーカス・ミラー、名古屋・大阪・東京を回るジャパン・ツアーの開催が間近に

マーカス・ミラー(Marcus Miller)   2016/12/28 12:05掲載
はてなブックマークに追加
マーカス・ミラー、名古屋・大阪・東京を回るジャパン・ツアーの開催が間近に
 ジャズ界を代表するスター・ベーシストであり、プロデューサー / ソングライターとしても時代を牽引するマーカス・ミラー(Marcus Miller)が来日。2017年1月5日(木)愛知・名古屋 NAGOYA Blue Noteを皮切りに、6日(金)大阪・梅田 サンケイホール ブリーゼ、7日(土)〜11日(水)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOを回る3都市7公演のジャパン・ツアーを開催します。

 2016年9月に行なわれた〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016〉では自身のグループによるパフォーマンスに加え、MISIAやアース・ウィンド&ファイアーとのコラボレーションも披露して会場を沸かせたマーカス・ミラー。10代の頃からニューヨークの音楽シーンで活動し、1981〜82年にはマイルス・デイヴィス・バンドに在籍。その後も、マイルス・デイヴィス『TUTU』(1986年)のプロデュースをはじめ、デヴィッド・サンボーンルーサー・ヴァンドロスグローヴァー・ワシントンJr.らのベスト・セラー・アルバムに貢献。93年発表のマイルスに捧げたソロ・アルバム『ザ・キング・イズ・ゴーン』も高く評価され、2012年にはユネスコの平和芸術家に任命されました。

 ロバート・グラスパーチャックDレイラ・ハサウェイらを迎えた最新作『アフロディジア』(2015年)もロング・セラーを続け、常に新進気鋭のミュージシャンを採用し、カテゴリーを超えて時代を更新し続けるミラーの最新ステージに期待が高まります。



マーカス・ミラー ジャパン・ツアー

・2017年1月5日(木)
愛知 名古屋 NAGOYA Blue Note
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201701.html#0105

・2017年1月6日(金)
大阪 梅田 サンケイホールブリーゼ
www.bluenote.co.jp/jp/tour/marcus-miller2017

・2017年1月7日(土)〜11日(水)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/marcus-miller

[メンバー]
マーカス・ミラー(b, b-cl, vo)
アレックス・ハン(sax)
マーキス・ヒル(tp)
アレックス・ベイリー(ds)
カレブ・マッキャンベル(key)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015