ニュース

マーカス・ミラー、名古屋・大阪・東京を回るジャパン・ツアーの開催が間近に

マーカス・ミラー(Marcus Miller)   2016/12/28 12:05掲載
はてなブックマークに追加
マーカス・ミラー、名古屋・大阪・東京を回るジャパン・ツアーの開催が間近に
 ジャズ界を代表するスター・ベーシストであり、プロデューサー / ソングライターとしても時代を牽引するマーカス・ミラー(Marcus Miller)が来日。2017年1月5日(木)愛知・名古屋 NAGOYA Blue Noteを皮切りに、6日(金)大阪・梅田 サンケイホール ブリーゼ、7日(土)〜11日(水)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOを回る3都市7公演のジャパン・ツアーを開催します。

 2016年9月に行なわれた〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016〉では自身のグループによるパフォーマンスに加え、MISIAやアース・ウィンド&ファイアーとのコラボレーションも披露して会場を沸かせたマーカス・ミラー。10代の頃からニューヨークの音楽シーンで活動し、1981〜82年にはマイルス・デイヴィス・バンドに在籍。その後も、マイルス・デイヴィス『TUTU』(1986年)のプロデュースをはじめ、デヴィッド・サンボーンルーサー・ヴァンドロスグローヴァー・ワシントンJr.らのベスト・セラー・アルバムに貢献。93年発表のマイルスに捧げたソロ・アルバム『ザ・キング・イズ・ゴーン』も高く評価され、2012年にはユネスコの平和芸術家に任命されました。

 ロバート・グラスパーチャックDレイラ・ハサウェイらを迎えた最新作『アフロディジア』(2015年)もロング・セラーを続け、常に新進気鋭のミュージシャンを採用し、カテゴリーを超えて時代を更新し続けるミラーの最新ステージに期待が高まります。



マーカス・ミラー ジャパン・ツアー

・2017年1月5日(木)
愛知 名古屋 NAGOYA Blue Note
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201701.html#0105

・2017年1月6日(金)
大阪 梅田 サンケイホールブリーゼ
www.bluenote.co.jp/jp/tour/marcus-miller2017

・2017年1月7日(土)〜11日(水)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/marcus-miller

[メンバー]
マーカス・ミラー(b, b-cl, vo)
アレックス・ハン(sax)
マーキス・ヒル(tp)
アレックス・ベイリー(ds)
カレブ・マッキャンベル(key)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015