音楽出版社 データ提供サービス
ニュース

マーカス・ミラー、名古屋・大阪・東京を回るジャパン・ツアーの開催が間近に

マーカス・ミラー(Marcus Miller)   2016/12/28 12:05掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
マーカス・ミラー、名古屋・大阪・東京を回るジャパン・ツアーの開催が間近に
 ジャズ界を代表するスター・ベーシストであり、プロデューサー / ソングライターとしても時代を牽引するマーカス・ミラー(Marcus Miller)が来日。2017年1月5日(木)愛知・名古屋 NAGOYA Blue Noteを皮切りに、6日(金)大阪・梅田 サンケイホール ブリーゼ、7日(土)〜11日(水)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOを回る3都市7公演のジャパン・ツアーを開催します。

 2016年9月に行なわれた〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2016〉では自身のグループによるパフォーマンスに加え、MISIAやアース・ウィンド&ファイアーとのコラボレーションも披露して会場を沸かせたマーカス・ミラー。10代の頃からニューヨークの音楽シーンで活動し、1981〜82年にはマイルス・デイヴィス・バンドに在籍。その後も、マイルス・デイヴィス『TUTU』(1986年)のプロデュースをはじめ、デヴィッド・サンボーンルーサー・ヴァンドロスグローヴァー・ワシントンJr.らのベスト・セラー・アルバムに貢献。93年発表のマイルスに捧げたソロ・アルバム『ザ・キング・イズ・ゴーン』も高く評価され、2012年にはユネスコの平和芸術家に任命されました。

 ロバート・グラスパーチャックDレイラ・ハサウェイらを迎えた最新作『アフロディジア』(2015年)もロング・セラーを続け、常に新進気鋭のミュージシャンを採用し、カテゴリーを超えて時代を更新し続けるミラーの最新ステージに期待が高まります。



マーカス・ミラー ジャパン・ツアー

・2017年1月5日(木)
愛知 名古屋 NAGOYA Blue Note
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201701.html#0105

・2017年1月6日(金)
大阪 梅田 サンケイホールブリーゼ
www.bluenote.co.jp/jp/tour/marcus-miller2017

・2017年1月7日(土)〜11日(水)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/marcus-miller

[メンバー]
マーカス・ミラー(b, b-cl, vo)
アレックス・ハン(sax)
マーキス・ヒル(tp)
アレックス・ベイリー(ds)
カレブ・マッキャンベル(key)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015