ニュース

池松壮亮が“尾崎 豊になりきる男”を演じる、松居大悟監督作「君が君で君だ」2018年公開

松居大悟   2017/12/27 13:27掲載
はてなブックマークに追加
池松壮亮が“尾崎 豊になりきる男”を演じる、松居大悟監督作「君が君で君だ」2018年公開
 “名脇役”として知られる遠藤憲一大杉 漣田口トモロヲ寺島 進松重 豊光石 研が共演を果たしたドラマ『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』でメイン監督を務め、『アズミ・ハルコは行方不明』(2016)、『アイスと雨音』(2018)など多くの話題作を手掛けている松居大悟が、長年温め続けてきたという完全オリジナル・ラブ・ストーリーを自ら映画化した「君が君で君だ」が2018年に公開。出演は池松壮亮キム・コッピ満島真之介大倉孝二ら。

 同作は、好きな女の子の“好きな人”になりきり、10年という長きに亘って見守り続ける3人の男たちの愛の結末を描く作品。“尾崎 豊”になりきる男(池松壮亮)、“ブラッド・ピット”になりきる男(満島真之介)、“坂本龍馬”になりきる男(大倉孝二)が、“大好き”なあまり自身の名前さえ捨て、歴史上の人物にすら“なりきる”恋愛譚となっています。

尾崎豊という人には会ったことはありませんが、物心ついてからいつも隣で歩むべき道を教えてもらっていたように思います。目眩すらするこの街の中で、愛するという事に何回やっても答えが出ないので、もう一度松居監督と共に挑んでみようと思いました。
――池松壮亮

オリジナル作品の持つ力を信じたい。
その強い気持ちを持ち、素敵なキャスト、スタッフと共に普遍的である愛の物語に向き合いました。
あの夏の熱量が、映画という風に乗ってたくさんの人に愛を届けてくれることを願っています。カムサハムニダ。サランヘヨ。

――満島真之介

正直な話をしますと、お話しをいただいて、脚本を読ませていただき、顔合わせ、本読みという段階で、腑に落ちないことや、捉えきれないことが多かったように思います。
その後、監督、共演者との話し合いや、リハーサルを進めていくにつれ、この若い座組に無防備に飛び込むことを決めました。
きっと無防備な芝居をしていることでしょう、痛々しいくらいに。

――大倉孝二

©2018「君が君で君だ」製作委員会

「君が君で君だ」
2018年全国公開
kimikimikimi.jp

出演: 池松壮亮 / キム・コッピ / 満島真之介 / 大倉孝二
監督・脚本: 松居大悟
制作: レスパスフィルム
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015