ニュース

三宅 純プロデュースの宮本大路ラスト・アルバム『Last Picture』発売

宮本大路   2017/06/19 13:41掲載
はてなブックマークに追加
 2016年に惜しまれつつこの世を去ったマルチ・リード奏者、宮本大路が、生前に三宅 純にプロデュースを依頼し、準備を進めていたアルバム『Last Picture』(PCD-28037 2,800円 + 税)が完成。6月21日(水)にリリースされます。

 2016年10月11日、癌のため死去した宮本は、白いバリトンサックスをトレードマークに80年代からジャズ・シーンの第一線で活躍。日野皓正、山下洋輔ら幅広いアーティストのサポートを歴任しながら、20年間メンバーを務めた熱帯JAZZ楽団や、自身のユニットであるPINK BONGOCROSS COUNTERなどで精力的にリリース / ライヴ活動を続けてきました。米バークリー音楽院時代からの盟友である三宅の作品には、デビュー・アルバム『June Night Love』(1983年)から最新作『Lost Memory Theatre -act-2-』(2014年)までの全作品に参加しています。

 闘病の最中、宮本は自身のラスト・アルバムと位置づけたソロ作のプロデュースを三宅に打診。両者は2016年から制作に着手しますが、アルバムの完成を見ずに宮本は他界しました。三宅は宮本の念願でもあったこの作品を完成させることを決意し、“現段階で作り得る最良のオリジナル・アルバムとは”を模索。あくまでも宮本の自演に拘り、生前最後のレコーディングとなった「Last Picture」をはじめ、三宅が手がけた舞台「幽霊たち」への提供曲など、これまでCDリリースされたことのない楽曲を中心に全12曲で構成し、完成にこぎつけました。

 本作のリリースを記念して、6月20日(火)東京・代官山 晴れたら空に豆まいてにて〈宮本大路『Last Picture』リリース・セッション〉を開催。トーク・ゲストには本作のプロデューサーである三宅、進行役には三宅作品を通じて宮本とも親交のあった画家の寺門孝之を迎え、『Last Picture』を楽しみながら、制作秘話はもちろん、音楽家として、友人としての宮本大路その人について語ります。当日は発売日より1日早いアルバムの会場先行販売も予定されています。

宮本大路は私の音楽に必要不可欠な存在だった。いつまでも存在してくれるものだと思い込んでいた。予想を痛快に裏切るアプローチで、時に共演者を震撼させ、時に微笑みを誘い、音楽に色彩感と立体感をもたらしてくれる、そんな彼はもう居ない。最後の輝きを刻印したこのアルバムを彼に捧げたい
――三宅 純

■2017年6月21日(水)発売
宮本大路
Last Picture

PCD-28037 2,800円 + 税

[収録曲]
01. Lost in lines
02. Last Picture
03. Two before dusk
04. dintje
05. Inherent paradox
06. COLONNADE
07. Eden-4
08. Triangle work
09. Gnossienne #1
10. Traces
11. Entire Picture
12. Ca fait longtemps Dairo

宮本大路『Last Picture』リリース・セッション
2017年6月20日(火)
東京・代官山 晴れたら空に豆まいて
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 3,000円 / 当日 3500円(税込 / ドリンク代別途)

出演: 三宅 純, 寺門孝之

お問い合わせ: 晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015