ニュース

名画を模写する小・中学生のアート・ユニット“アーブル美術館”とクラシック音楽のコラボCDシリーズ発売

ムソルグスキー(Modest Petrovich Musorgsky)   2017/09/19 15:48掲載
はてなブックマークに追加
 世界の名画を模写する小・中学生の兄妹によるアート・ユニット“アーブル美術館”による絵画25枚をジャケットに使用したCDシリーズ『「アーブル美術館」プレゼンツ「クラシック音楽の或る棚」名曲シリーズ1〜25』(全25タイトル WPCS-13687〜13711 1,500円 + 税 / 分売)が9月13日に発売されています。

 アーブル美術館の“贋作”は、かわいらしくも絵画のポイントを的確にとらえたもの。2015年のPARCO美術館での展覧会をはじめ、キャッチーなタッチで描かれた世界の名画で大きな話題となりました。

 本CDシリーズは、シリーズ1枚目となるフェルメールの“真珠の首飾りの少女”のジャケットの中身にムソルグスキーの「展覧会の絵」、シリーズのラストを飾る俵屋宗達の“風神雷神図屏風”には「ジュピター」でおなじみのホルスト惑星」を収めるなど、絵画と音楽の組み合わせが絶妙な内容。また、ドガの“踊りの花形(エトワール、または舞台の踊り子)”にはチャイコフスキーの3大バレエ(『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』)、ダヴィッドの“アルプスを越えるボナパルト(ナポレオン)”にはベートーヴェンの「英雄」を組み合わせるなど、往年のクラシック・レコードを知る人も楽しめるパロディとなっています。

 演奏は、ワーナークラシックスが誇るサー・サイモン・ラトル(Sir Simon Rattle)やマルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)といった世界のトップ・アーティストたちによる充実したラインナップ。ブックレットには、絵画と音楽の充実した解説も掲載されています。

■2017年9月13日(水)発売
『「アーブル美術館」プレゼンツ「クラシック音楽の或る棚」名曲シリーズ1〜25』
wmg.jp/musee-du-aouvre/#wpcs000013687
全25タイトル WPCS-13687〜13711 1,500円 + 税 / 分売
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015