ニュース

ジェイミー・サフト率いるニュー・ザイオン・トリオがシロ・バチスタと来日公演を開催 

ニュー・ザイオン・トリオ   2017/08/22 15:09掲載
はてなブックマークに追加
ジェイミー・サフト率いるニュー・ザイオン・トリオがシロ・バチスタと来日公演を開催 
 NYフリー・ジャズ界で名を轟かせるピアニストのジェイミー・サフト率いるジャズ×レゲエ・トリオのニュー・ザイオン・トリオ(New Zion Trio)が、2016年にリリースした『サンシャイン・シーズ』でコラボレーションしたパーカッショニストのシロ・バチスタとともに来日。8月25日(金)東京・渋谷 WWW、8月27日(日)熊本・山鹿 天聴の蔵で来日公演を開催します。

 ジョン・ゾーンメルツバウら多数の共演歴を持つサフトを中心に、ジャズとレゲエ / ダブの融合に取り組むニュー・ザイオン・トリオ。2011年にデビュー・アルバム『ファイト・アゲインスト・バビロン』を発表し、ピアノ・トリオ編成で演奏されるレゲエ / ダブは大きな反響を呼びました。

 シロ・バチスタはブラジル・サンパウロ出身。ブラジルの打楽器を中心に、あらゆる民族楽器や自己で発明した楽器を操る姿はリズムの魔術師と称され、ハービー・ハンコック坂本龍一、スティング、カエターノ・ヴェローゾといった数多くのアーティストを魅了しています。ヨーヨー・マは、ブラジル音楽のみを演奏した『オブリガード・ブラジル』のライナーノーツで「彼の演奏を聴くとブラジル音楽のリズムの多様さが分かります。ひとりの人間があれだけの音を作り出せるのは驚きです」と絶賛しています。

 サフトとバチスタの20年を超える交友関係から実現した今回のコラボレーションでは、さらなる音楽的冒険が楽しめそうです。また、シロ・バチスタは8月22日(火)・23日(水)、東京・中野 なかのZEROホールにて、パーカショニストの芳垣安洋とともにリズム・ワークショップを開催。詳しくはFacebook特設イベント・サイトをご確認ください。



New Zion Trio with Cyro Baptista
Fight against Babylon Japan Tour 2017


8月25日(金)
東京 渋谷WWW
1st 開場 18:15 / 開演 19:00
前売 7,500円(税込 / 別途飲食代 / 全席自由)
2nd 開場 21:00 / 開演 21:30
前売 6,500円(税込 / 別途飲食代 / オールスタンディング)

8月27日(日)
熊本 山鹿 天聴の蔵
開場 15:00 / 開演 19:00
前売 3,500円(税込 / 別途飲食代 / オールスタンディング)
※お問い合わせ: frue.jp

[メンバー]
Jamie Saft(p, Rhodes)
Brad Jones(b)
Ben Perowsky(dr)
Cyro Baptista(per, vo)

シロ・バチスタ×芳垣安洋 リズム・ワークショップ
www.facebook.com/events/656427571232948

2017年8月22日(火) / 23日(水)
東京 中野 なかのZEROホール 多目的練習室
19:00〜21:00(受付18:30〜)
参加費: 各回5,000円(定員30名)
参加要項: 楽器経験あり、高校生以上
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』!
[インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』
[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015