ニュース

ブリストル系女性ヴォーカリスト“ニコレット”、9年ぶりの新作!

ニコレット(NICOLETTE)   2005/05/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ブリストル・サウンドの重鎮マッシヴ・アタックの2ndアルバム『プロテクション』にて、ハウス・ダブ・ビート・ナンバー「スライ」などを幻惑的に歌い上げた女性ヴォーカリスト、ニコレット(Nicolette)。ナイジェリア人の両親の下にスコットランドで生まれた彼女は92年にアルバム『ナウ・イズ・アーリー』でデビューを飾り、その後、マッシヴ・アタックへのアルバム参加を機に、その名がワールドワイドで知られるように。96年には、4 heroプラッドアレック・エンパイアらがゲスト参加した2ndアルバム『官能的超現実体験への情熱(原題:Let No-One Live Rent Free in Your Head )』(写真)をトーキン・ラウド・レーベルから発表し、そのアブストラクトなトラックにハスキーで甘いヴォーカルが乗っかる独特のポップ・サウンドが話題となりました。そして、それから約9年、ついにその彼女がニュー・アルバム『ライフ・ラヴズ・アス』を引っさげてシーンに復帰します!

 より自由な環境を求めて自身のレーベル“Early Records”を興し、4年もの月日を要して制作されたという本作。サイケで神秘的なクラブ〜ブリストル系サウンドに彼女の唯一無比の甘い歌声が絡む、先進的なソウル・アルバムに仕上げています。リリースはUK盤は5月30日、日本盤(DDCA-5022 \2,520(税込))は5月25日をそれぞれ予定。クラブ・サウンドから離陸し、ジャズ・ヴォーカルやポップスのリスナーまで届く、ジャンルを越えた70分の音楽遊泳をぜひともアナタもご堪能ください! オススメ!

●『ライフ・ラヴズ・アス』
(01) Groovy
(02) Sunshine
(03) Jenny
(04) Fire In The Heart
(05) Wholesome
(06) Down Day
(07) High Wave
(08) I Am Where The Party's At
(09) Pretty Autumn Shade
(10) Worship
(11) Soulfully
(12) Guru
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015