ニュース

ブリストル系女性ヴォーカリスト“ニコレット”、9年ぶりの新作!

ニコレット(NICOLETTE)   2005/05/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ブリストル・サウンドの重鎮マッシヴ・アタックの2ndアルバム『プロテクション』にて、ハウス・ダブ・ビート・ナンバー「スライ」などを幻惑的に歌い上げた女性ヴォーカリスト、ニコレット(Nicolette)。ナイジェリア人の両親の下にスコットランドで生まれた彼女は92年にアルバム『ナウ・イズ・アーリー』でデビューを飾り、その後、マッシヴ・アタックへのアルバム参加を機に、その名がワールドワイドで知られるように。96年には、4 heroプラッドアレック・エンパイアらがゲスト参加した2ndアルバム『官能的超現実体験への情熱(原題:Let No-One Live Rent Free in Your Head )』(写真)をトーキン・ラウド・レーベルから発表し、そのアブストラクトなトラックにハスキーで甘いヴォーカルが乗っかる独特のポップ・サウンドが話題となりました。そして、それから約9年、ついにその彼女がニュー・アルバム『ライフ・ラヴズ・アス』を引っさげてシーンに復帰します!

 より自由な環境を求めて自身のレーベル“Early Records”を興し、4年もの月日を要して制作されたという本作。サイケで神秘的なクラブ〜ブリストル系サウンドに彼女の唯一無比の甘い歌声が絡む、先進的なソウル・アルバムに仕上げています。リリースはUK盤は5月30日、日本盤(DDCA-5022 \2,520(税込))は5月25日をそれぞれ予定。クラブ・サウンドから離陸し、ジャズ・ヴォーカルやポップスのリスナーまで届く、ジャンルを越えた70分の音楽遊泳をぜひともアナタもご堪能ください! オススメ!

●『ライフ・ラヴズ・アス』
(01) Groovy
(02) Sunshine
(03) Jenny
(04) Fire In The Heart
(05) Wholesome
(06) Down Day
(07) High Wave
(08) I Am Where The Party's At
(09) Pretty Autumn Shade
(10) Worship
(11) Soulfully
(12) Guru
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015