ニュース

野村萬斎と真鍋大度が再コラボレーション〈FORMII〉を上演

野村萬斎   2017/12/28 14:47掲載
はてなブックマークに追加
野村萬斎と真鍋大度が再コラボレーション〈FORMII〉を上演
 今年1月に能を先端技術で拡張するパフォーマンス〈FORM〉を行った能楽師・野村萬斎とプログラマー・真鍋大度(Rhizomatiks Research)が再コラボレーション。ヴァージョンアップを果たした新規公演〈FORMII〉を2018年1月2日(火)、3日(水)の2日間に亘り東京国際フォーラム ホールB7にて上演します。

 同公演では、祝賀の席で舞われる演目「三番叟」を、特殊マイクや位置センサー、加速度センサー、レーザーセンサーなどを用いてリアルタイムでデータライズし、その場で生成するコンピュータ・グラフィックにフィードバック。能の動きのみならず現場そのものを映像表現と接合する試みとなっています。リアルタイムCG作成は“ファイナルファンタジー”シリーズを手がけた橋本善久。照明演出は池田亮司や故・古橋悌二なども在籍したアート・コレクティヴ“dumb type”の一員としても知られる藤本隆行が担当。

 プログラムは「三番叟」に対する理解を深めるための映像を上映する“イントロダクション”と野村萬斎ほか登壇の“アフタートーク”を含む3部構成。能のオーグメンテーションからオリジンも探れる内容が予定されています。詳しくはオフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示拡大表示
拡大表示拡大表示


FORMII
j-cf.jp/2018/form2

2018年1月2日(火) / 3日(水)
東京国際フォーラム ホールB7
13:40〜14:40

[プログラム]
イントロダクション
三番叟の理解を深めるポイントをパフォーマンスに先駆けて映像で紹介
三番叟 FORM II
三番叟 野村萬斎
後見: 中村修一 / 内藤 連
笛: 一噌幸弘
小鼓: 鵜澤洋太郎 / 田邊恭資 / 清水和音
大鼓: 亀井広忠
アフタートーク
野村萬斎 ほか

※プログラムの内容は都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015