ニュース

岡 幸二郎による〈ベスト・オブ・ミュージカル〉今年も開催 シルビア・グラブが初登場

岡幸二郎   2017/11/15掲載(Last Update:17/11/16 11:50)
はてなブックマークに追加
岡 幸二郎による〈ベスト・オブ・ミュージカル〉今年も開催 シルビア・グラブが初登場
 ミュージカル・スターの岡 幸二郎が、2018年1月27日(土)東京・春日 文京シビックホールにて〈岡幸二郎 スペシャル・プレミアム・コンサート in Bunkyo 2018「ベスト・オブ・ミュージカル」〉を開催。このコンサートのために編成された“「ベスト・オブ・ミュージカル」スペシャル・アンサンブル”をバックに、著名ミュージカルの名曲を歌います。

 2014年、デビュー25周年アルバム『ベスト・オブ・ミュージカル』(カラオケ付 COCQ-38689〜92 6,200円 + 税 / 通常盤 COCQ-38693〜4 3,400円 + 税)の発売と連動して東京オペラシティ コンサートホールで開催したスペシャル・プレミアム・コンサートの好評を受け、以来毎年のように生演奏によるコンサートを催している岡。文京シビックホールでのコンサートは、2016年以来2度目となります。

 “ベスト・オブ・ミュージカル”公演の魅力のひとつは、公演毎に異なるゲストと共演すること。今回は、〈エリザベート〉〈レ・ミゼラブル〉〈ミス・サイゴン〉をはじめとした有名ミュージカルや、ストレート・プレイ、さらにテレビ・ドラマなどでも活躍するシルビア・グラブ(Sylvia Grab)が初登場します。

 プログラムは、今回も“ベスト・オブ・ミュージカル”ならではの名曲の数々。今年日本初演30周年のメモリアル・イヤーを迎えた〈レ・ミゼラブル〉からは、岡の代名詞ともいえる「スターズ」をはじめ「夢やぶれて」「ブリング・ヒム・ホーム」といった人気曲を演奏予定。〈ミス・サイゴン〉からも「ブイ・ドイ」「命をあげよう」という至高のマスターピース2曲がセレクトされています。さらに2018年は、ガーシュウィンが生誕120周年、レナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)が生誕100周年という、ミュージカル界でもおなじみの名作曲家たちのアニヴァーサリー・イヤー。これを記念し、ガーシュインの名曲を集めた〈クレイジー・フォー・ユー〉や、バーンスタインの名作〈ウエストサイド物語〉などからのヒット・ナンバーも演奏予定です。

岡幸二郎 スペシャル・プレミアム・コンサート
in Bunkyo 2018
「ベスト・オブ・ミュージカル」

www.ints.co.jp/best-of-musical2018/index.htm

1月27日(土)
東京 春日 文京シビックホール 大ホール
開演 14:00

[出演]
岡 幸二郎 / 「ベスト・オブ・ミュージカル」スペシャル・アンサンブル
ゲスト: シルビア・グラブ ほか

[曲目](予定)
夢やぶれて、スターズ、ブリング・ヒム・ホーム(〈レ・ミゼラブル〉より)
ブイ・ドイ、命をあげよう(〈ミス・サイゴン〉より)
ほか〈マイフェア・レディ〉〈美女と野獣〉など著名ミュージカルからのナンバー

SS席 9,000円 / S席 8,000円 / A席 6,500円 / B席 5,000円 / C席 3,500円(全席指定 / 税込)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015