ニュース

ミュージカル界のトップスター岡 幸二郎、女性ナンバーを歌い上げる新作を発表

岡幸二郎   2017/12/19 14:14掲載
はてなブックマークに追加
 日本のミュージカル界を牽引するトップスターの岡 幸二郎が、3年ぶりとなる新作アルバム『I Am What I Am 〜私はアタシ〜』(COCQ-85413 3,000円 + 税)を12月20日(水)にリリース。2018年1月27日(土)東京・春日 文京シビックホールにて開催される〈岡幸二郎 スペシャル・プレミアム・コンサート in Bunkyo 2018「ベスト・オブ・ミュージカル」〉の予定演奏曲目の一部も発表されました。

 本アルバムは、名作ミュージカルの舞台に生きる11人のヒロインたちによる名ナンバーをラインナップ。〈アニー〉の「トゥモロー」や〈レ・ミゼラブル〉の「夢破れて」「オン・マイ・オウン」、〈エビータ〉の「共にいてアルゼンチーナ」など、劇中でヒロインたちが歌う女心を、岡の豊かな声量と表現力、持ち前のヴェルヴェット・ヴォイスで歌いあげています。岡は今回のアルバムについて「作品の中で、客席で観て触れて来た女性達の生き様が、異性の私の身体を通してどう表現されるか。今の私にしか出来ない“アタシ”を聴いてもらいたい」とコメント。

 2018年1月27日(土)開催の〈岡幸二郎 スペシャル・プレミアム・コンサート in Bunkyo 2018「ベスト・オブ・ミュージカル」〉では、2018年に迎えるバーンスタイン生誕100年&ガーシュイン生誕120年を記念し、〈ウエスト・サイド物語〉や〈クレイジー・フォー・ユー〉から屈指のナンバーを選曲。さらに『I Am What I Am 〜私はアタシ〜』から厳選された“岡幸二郎が歌う、女性のミュージカルナンバー”も聴きどころです。

■2017年12月20日(水)発売
岡 幸二郎
I Am What I Am 〜私はアタシ〜

COCQ-85413 3,000円 + 税

[収録曲]
01. 「メモリー」〜『キャッツ』より
02. 「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー」〜『クレイジー・フォー・ユー』より
03. 「私はイエスがわからない」〜『ジーザス・クライスト・スーパースター』より
04. 「オン・マイ・オウン」〜『レ・ミゼラブル』より
05. 「オール・フォー・ローラ」〜『ウーマン・イン・ホワイト』より
06. 「命をあげよう」〜『ミス・サイゴン』より
07. 「共にいてアルゼンチーナ」〜『エビータ』より
08. 「アイ・アム・ホワット・アイ・アム」〜『ラ・カージュ・オ・フォール』より
09. 「夢やぶれて」〜『レ・ミゼラブル』より
10. 「エニシング・バット・ロンリー」〜『アスペクツ・オブ・ラブ』より
11. 「トゥモロー」〜『アニー』より


[演奏]
岡 幸二郎(vo) / 妹尾 武(編曲、ピアノ: 01, 02, 06, 08, 09, 11) / 藤満 健(編曲、ピアノ: 03, 04, 05, 07, 10) / 吉田 誠(cl: 01, 11) / 西谷牧人(vc: 05) / 一本茂樹(B: 08, 11)


岡幸二郎 スペシャル・プレミアム・コンサート
in Bunkyo 2018
「ベスト・オブ・ミュージカル」

www.ints.co.jp/best-of-musical2018/index.htm

1月27日(土)
東京 春日 文京シビックホール 大ホール
開演 14:00

[出演]
岡 幸二郎 / 「ベスト・オブ・ミュージカル」スペシャル・アンサンブル
ゲスト: シルビア・グラブ ほか

[曲目](予定、一部)
「マリア」〜『ウエスト・サイド物語』(バーンスタイン生誕100年記念)
「トゥナイト」〜『ウエスト・サイド物語』(バーンスタイン生誕100年記念)
「ありのままの私」〜『ラ・カージュ・オ・フォール』
「エニシング・バット・ロンリー」〜『アスペクツ・オブ・ラブ』
「命をあげよう」〜『ミス・サイゴン』
「アイ・ガット・リズム」〜『クレイジー・フォー・ユー』(ガーシュイン生誕120年記念)
「誰かが私を見つめてる」〜『クレイジー・フォー・ユー』(ガーシュイン生誕120年記念)
「オン・マイ・オウン」〜『レ・ミゼラブル』
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015