ニュース

大島保克 USTREAMにてライヴを配信

大島保克   2012/04/17 16:37掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 明日、4月18日に5年ぶりのニュー・アルバム『島渡る〜Across the Islands〜』を発表する大島保克のライヴが、翌19日20時よりUSTREAMで配信されます。

 糸井重里主宰のWEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が、「大島保克 presents ほぼ日島唄ナイト」のタイトルで行なうこの番組は、“家にいながらにして、まるで沖縄にいるかのような、ゴージャスな「島時間」を体験できる”がコンセプト。番組配信に先がけて公開された特設ページ(www.1101.com/shimauta)では試聴ができるほか、ほぼ日スタッフのコメントが読めます。

 ライヴには大島(唄、三絃)のほか、アルバムのレコーディングに参加している鳩間可奈子(唄、三絃、三板)、近藤研二(b、ウクレレ他)、細海魚(key、acd)が参加。新作にも収録する名曲「イラヨイ月夜浜」をイメージしたステージセットを、ほぼ日のスタッフで構成される工作好き集団「山口工務店」が手がけ、曲間には大島の出身地石垣島で録音した波の音を流すなど沖縄ムード満載です。沖縄料理と泡盛を用意してお楽しみください。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム[インタビュー] 今まででいちばん“物語”だけど、いちばん“自分”だと言える 吉澤嘉代子『屋根裏獣』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015