ニュース

ペット・ショップ・ボーイズ、最新ライヴDVDをリリース!

ペット・ショップ・ボーイズ(Pet Shop Boys)   2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 昨年発表の初ライヴCDも記憶に新しいペット・ショップ・ボーイズから最新ライヴDVDが届けられることに! 『キュービズム・イン・コンサート(Cubism - Live In Concert)』(写真)と題され、6月に日本発売されます。

 本作には、最新スタジオ・アルバム『ファンダメンタル』発表後の2006年11月14日にメキシコ・シティのthe Auditorio Nacionaleにて行なわれたライヴの模様を収録。ビョークなどのライヴ作品も手がけたDavid Barnardがディレクターを務め、音声は彼らとは長年の付き合いであるエンジニアのBob Kraushaarによる5.1サラウンド・サウンドとなります。

 DVDには、約2時間にも及ぶライヴ本編のほか、メキシコでの舞台裏などのボーナス映像や、メンバーらによるオーディオ・コメンタリーも収録。日本盤(WPBR-90651 \4,900(税込))は6月6日発売を予定しており、初回生産分のみ特殊パッケージ(詳細不明)となる予定です。ヒット作から最新作までの楽曲を盛り込んだ熱狂のステージをDVD作品としてもお楽しみください!
続報
ペット・ショップ・ボーイズ最新ライヴDVD、発売延期
日本盤の発売が6月20日に延期されました。
[ 2007/05/29掲載 ]


『キュービズム・イン・コンサート(Cubism - Live In Concert)』(WPBR-90651 \4,900(税込))
01. Psycho Intro
02. God Willing/ Psychological/ Left To My Own Devices
03. I'm With Stupid
04. Suburbia
05. Can You Forgive Her?
06. Minimal/Shopping
07. Rent
08. Dreaming Of The Queen
09. Heart
10. Opportunities/Integral
11. Numb
12. Se A Vide E /Domino Dancing
13. Flamboyant
14. Home & Dry
15. Always On My Mind
16. Where The Streets Have No Name
17. West End Girls
18. Sodom & Gomorrah
19. So Hard/It’s A Sin
20. Go West

【映像特典】
・メキシコでの舞台裏映像(約13分)
・フォトギャラリー
・オーディオ・コメンタリー(Neil, Chris, David Barnard.)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015