ニュース

UKロック界のお騒がせ男、ピーター・ドハーティが初ソロ作を発表!グレアム・コクソンら参加

ピーター・ドハーティ(Peter Doherty)   2009/01/14掲載(Last Update:09/02/16 14:32)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 UKロック・シーンのスキャンダル・メイカー、ピーター・ドハーティ(Peter Doherty)がソロ・アルバムを発表! リバティーンズベイビーシャンブルズでUKロック界に風穴を開けてきた“21世紀のパンクの寵児”が初めてソロ・アーティストとして放つ、注目のアルバムです。

 海外メディアによれば、まだアルバム・タイトルは未定なものの、リリースは英国にて3月9日を予定。レコーディングはロンドンにて行なわれ、プロデューサーにはブラーやザ・スミス、そしてベイビーシャンブルズの『ショッターズ・ネイション』を手掛けたスティーヴン・ストリートを起用しています。アルバムにはベイビーシャンブルズの他のメンバー3人も制作に参加しているそうで、3月2日(英国)に先行シングルとして発売される「Last Of The English Roses」のほか、ブラーグレアム・コクソンがギターで参加した「Broken Love Song」や、元ワン・ダヴの歌姫ドット・アリソンとのデュエット曲「Sheepskin Tearaway」などが全12曲収録される予定です。

 メロディックでどこか痛々しいドハーティの歌声が切なく響くクールなロックンロール・サウンドを期待していましょう! 
続報
ピーター・ドハーティの初ソロ作、タイトル決定&発売日変更
アルバム・タイトルは『Grace/Wastelands』に決定。発売は3月16日に変更されました。なお先行シングルとして「Last Of The English Rose」が3月9日に英国発売される予定です。
[ 2009/01/19掲載 ]


『Grace/Wastelands』
01. Arcadie
02. Last Of The English Roses
03. 1939 Returning
04. A Little Death Around The Eyes
05. Salome
06. Through The Looking Glass
07. Sweet By And By
08. Palace Of Bone
09. Sheepskin Tearaway
10. Broken Love Song
11. New Love Grows On Trees
12. Lady, Don't Fall Backwards

*曲目は予定です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015