ニュース

ピーター・アースキン、〈グラミー賞〉ノミネート『DR.UM』の続編となる新作発売 来日公演も

ピーター・アースキン(Peter Erskine)   2017/03/17 14:01掲載
はてなブックマークに追加
ピーター・アースキン、〈グラミー賞〉ノミネート『DR.UM』の続編となる新作発売 来日公演も
 ウェザー・リポートでジャコ・パストリアスと鉄壁のリズム・セクションを構成したスーパー・ドラマー、ピーター・アースキン(Peter Erskine )が2016年にリリースした『ドクター・アム』。2017年度〈グラミー賞〉“ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム”にノミネートされた同作の続編となる新作『セカンド・オピニオン』(WPCR-17701 2,500円 + 税)が4月5日(水)に発売されます。また5月10日(水)には、東京・丸の内 COTTON CLUBにて気鋭のメンバーと組む“ニュー・トリオ +1”での来日公演も決定。

 600作品以上のレコーディングやサウンドトラックに携わってきたアースキン。今回の来日公演のメンバーは、ブラジル知性派シンガーのタチアナ・パーハとのデュオでも知られるアルメニア出身のピアノ奏者、ヴァルダン・オヴセピアン、ピーターの甥であるベーシスト、ダミアン・アースキン、ベネズエラ生まれのマルチ・パーカッション奏者、アーロン・サーファティ。今年2月にはピーター・アースキン・ニュー・トリオ名義でアルバム『In Praise of Shadows』(Fuzzy Music / 輸入盤)も発表。ますます勢いを増すレジェンドに注目です。

■2017年4月5日(水)
ピーター・アースキン
『セカンド・オピニオン』

WPCR-17701 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 催眠療法
02. イレヴン・イレヴン
03. ストリート・オブ・ドリームス
04. ノット・ソー・イエス
05. ディド・イット・ハフ・トゥ・ビー・ユー?
06. ライダ・ローズ
07. ソーラー・ステップス
08. ドリームズヴィル
09. 柳よ泣いておくれ
10. 上を向いて歩こう
11. イーチ・ブレス

[演奏]
ピーター・アースキン(ds)
ジョン・ビーズリー(key)
ベンジャミン・シェアファード(b)
ボブ・シェパード(ts)
ヴァルダン・オヴセピアン(key)
ダミアン・アースキン(b)

ピーター・アースキン・ニュー・トリオ + 1
フィーチャリング・ヴァルダン・オヴセピアン、ダミアン・アースキン&アーロン・サーファティ

www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/peter-erskine

2017年5月10日〈水)
東京 丸の内 COTTON CLUB
自由席 8,500円(税込 / 飲食代別)
予約受付開始: 2017年3月18日(土)〜


[メンバー]
ピーター・アースキン(dr)
ヴァルダン・オヴセピアン(pf)
ダミアン・アースキン(b)
アーロン・サーファティ(per)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015