ニュース

英リーズの5人組ザ・ピジョン・ディテクティヴズ、2年ぶりのアルバム『ウィー・メット・アット・シー』が完成!

ピジョン・ディテクティブズ(Pigeon Detectives)   2013/04/02 15:05掲載
はてなブックマークに追加
英リーズの5人組ザ・ピジョン・ディテクティヴズ、2年ぶりのアルバム『ウィー・メット・アット・シー』が完成!
 2006年にデビューし、ダーティ・プリティ・シングスのツアーサポートやカイザー・チーフスのヨーロッパ・ツアーに参加で知名度を上げ、2007年発表の1stアルバム『Wait for Me』でブレイクをした英リーズの5人組ロック・バンド、ザ・ピジョン・ディテクティヴズ(The Pigeon Detectives)。そんな彼らの2年ぶりとなる4枚目のオリジナル・アルバム『ウィー・メット・アット・シー(We Met At Sea)』が完成! 4月24日に日本盤がリリースされます。

 本作は、前作のセールスが期待したほどふるわなかったことにメンバー皆苦悩し、そのもがきの中から自分たちの信念を見つめなおすところから制作がスタート。

 “ライヴの熱量を完璧に録ろう”と目標が決まったところから、リーズのCottage Roads Studios にて、Matt Peel(The Crookes、Pulled Apart By Horsesほか)をプロデューサーに、サウンド・エンジニアにAndy Hawkins(Kaiser Chiefs、iForward Russia!、Hawk Eyes ほか)を迎えて録音されました。

 彼等のたゆまぬ努力のよって完成した新作『ウィー・メット・アット・シー』は、紆余曲折を経て成熟した彼らによる等身大のポップ・ロックに仕上がっています。

「Animal」(『ウィー・メット・アット・シー』リード・シングル)


※2013年4月24日(水)発売
ザ・ピジョン・ディテクティヴズ
『ウィー・メット・アット・シー』



TECI-18680 税込1,980円

[収録曲]
01. Animal / アニマル ※リードシングル
02. I Won’t Come Back / アイ・ウォント・カム・バック
03. Hold Your Gaze / ホールド・ユア・ゲイズ
04. Light Me Up / ライト・ミー・アップ
05. Can’t You Find Me / キャント・ユー・ファインド・ミー
06. I Don’t Mind / アイ・ドント・マインド
07. Day And Month / デイ・アンド・マンス
08. Unforgettable / アンフォゲッタブル
09. No State To Drive / ノー・ステイト・トゥ・ドライブ
10. Where You Are / ウェア・ユー・アー
11. You Can Do Better / ユー・キャン・ドゥ・ベター *
12. Going Through The Motions / ゴーイング・スル *
ー・ザ・モーションズ
* 日本盤ボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015