ニュース

英リーズの5人組ザ・ピジョン・ディテクティヴズ、2年ぶりのアルバム『ウィー・メット・アット・シー』が完成!

ピジョン・ディテクティブズ(Pigeon Detectives)   2013/04/02 15:05掲載
はてなブックマークに追加
英リーズの5人組ザ・ピジョン・ディテクティヴズ、2年ぶりのアルバム『ウィー・メット・アット・シー』が完成!
 2006年にデビューし、ダーティ・プリティ・シングスのツアーサポートやカイザー・チーフスのヨーロッパ・ツアーに参加で知名度を上げ、2007年発表の1stアルバム『Wait for Me』でブレイクをした英リーズの5人組ロック・バンド、ザ・ピジョン・ディテクティヴズ(The Pigeon Detectives)。そんな彼らの2年ぶりとなる4枚目のオリジナル・アルバム『ウィー・メット・アット・シー(We Met At Sea)』が完成! 4月24日に日本盤がリリースされます。

 本作は、前作のセールスが期待したほどふるわなかったことにメンバー皆苦悩し、そのもがきの中から自分たちの信念を見つめなおすところから制作がスタート。

 “ライヴの熱量を完璧に録ろう”と目標が決まったところから、リーズのCottage Roads Studios にて、Matt Peel(The Crookes、Pulled Apart By Horsesほか)をプロデューサーに、サウンド・エンジニアにAndy Hawkins(Kaiser Chiefs、iForward Russia!、Hawk Eyes ほか)を迎えて録音されました。

 彼等のたゆまぬ努力のよって完成した新作『ウィー・メット・アット・シー』は、紆余曲折を経て成熟した彼らによる等身大のポップ・ロックに仕上がっています。

「Animal」(『ウィー・メット・アット・シー』リード・シングル)


※2013年4月24日(水)発売
ザ・ピジョン・ディテクティヴズ
『ウィー・メット・アット・シー』



TECI-18680 税込1,980円

[収録曲]
01. Animal / アニマル ※リードシングル
02. I Won’t Come Back / アイ・ウォント・カム・バック
03. Hold Your Gaze / ホールド・ユア・ゲイズ
04. Light Me Up / ライト・ミー・アップ
05. Can’t You Find Me / キャント・ユー・ファインド・ミー
06. I Don’t Mind / アイ・ドント・マインド
07. Day And Month / デイ・アンド・マンス
08. Unforgettable / アンフォゲッタブル
09. No State To Drive / ノー・ステイト・トゥ・ドライブ
10. Where You Are / ウェア・ユー・アー
11. You Can Do Better / ユー・キャン・ドゥ・ベター *
12. Going Through The Motions / ゴーイング・スル *
ー・ザ・モーションズ
* 日本盤ボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015