ニュース

英リーズの5人組ザ・ピジョン・ディテクティヴズ、2年ぶりのアルバム『ウィー・メット・アット・シー』が完成!

ピジョン・ディテクティブズ(Pigeon Detectives)   2013/04/02 15:05掲載
はてなブックマークに追加
英リーズの5人組ザ・ピジョン・ディテクティヴズ、2年ぶりのアルバム『ウィー・メット・アット・シー』が完成!
 2006年にデビューし、ダーティ・プリティ・シングスのツアーサポートやカイザー・チーフスのヨーロッパ・ツアーに参加で知名度を上げ、2007年発表の1stアルバム『Wait for Me』でブレイクをした英リーズの5人組ロック・バンド、ザ・ピジョン・ディテクティヴズ(The Pigeon Detectives)。そんな彼らの2年ぶりとなる4枚目のオリジナル・アルバム『ウィー・メット・アット・シー(We Met At Sea)』が完成! 4月24日に日本盤がリリースされます。

 本作は、前作のセールスが期待したほどふるわなかったことにメンバー皆苦悩し、そのもがきの中から自分たちの信念を見つめなおすところから制作がスタート。

 “ライヴの熱量を完璧に録ろう”と目標が決まったところから、リーズのCottage Roads Studios にて、Matt Peel(The Crookes、Pulled Apart By Horsesほか)をプロデューサーに、サウンド・エンジニアにAndy Hawkins(Kaiser Chiefs、iForward Russia!、Hawk Eyes ほか)を迎えて録音されました。

 彼等のたゆまぬ努力のよって完成した新作『ウィー・メット・アット・シー』は、紆余曲折を経て成熟した彼らによる等身大のポップ・ロックに仕上がっています。

「Animal」(『ウィー・メット・アット・シー』リード・シングル)


※2013年4月24日(水)発売
ザ・ピジョン・ディテクティヴズ
『ウィー・メット・アット・シー』



TECI-18680 税込1,980円

[収録曲]
01. Animal / アニマル ※リードシングル
02. I Won’t Come Back / アイ・ウォント・カム・バック
03. Hold Your Gaze / ホールド・ユア・ゲイズ
04. Light Me Up / ライト・ミー・アップ
05. Can’t You Find Me / キャント・ユー・ファインド・ミー
06. I Don’t Mind / アイ・ドント・マインド
07. Day And Month / デイ・アンド・マンス
08. Unforgettable / アンフォゲッタブル
09. No State To Drive / ノー・ステイト・トゥ・ドライブ
10. Where You Are / ウェア・ユー・アー
11. You Can Do Better / ユー・キャン・ドゥ・ベター *
12. Going Through The Motions / ゴーイング・スル *
ー・ザ・モーションズ
* 日本盤ボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015