ニュース

ピクシーズ、イスラエルのファンが制作した新しいミュージック・ビデオを公開

ピクシーズ(Pixies)   2014/09/17 16:38掲載
はてなブックマークに追加
ピクシーズ、イスラエルのファンが制作した新しいミュージック・ビデオを公開
 カート・コバーンなどその後の数々のアーティストに影響を与えてきた伝説のUSロック・バンド、ピクシーズ(Pixies)。今年4月には、23年ぶりとなるニュー・アルバム『インディ・シンディ』をリリースし、さる8月にはサマーソニックに出演してファンを沸かせてくれた彼らが、新作から「Ring The Bell」のミュージック・ビデオを公開しました。

 先週ティーザーと称して公開されたビデオは、ピクシーズのファンであるイスラエル出身の少女2人、Lital MizelとAdi Frimmermanが2005年に自主制作したピクシーズの楽曲「Hey」にあわせて口パクをするというビデオ。あっという間にそのビデオは話題となり、今では3,400万の再生回数を記録するほどの人気に。そんななか、今年6月に2人はイスラエル公演を行なったピクシーズの舞台裏に招待され、念願の対面を果たしたそう。そこで冗談半分にバンドに新たなビデオ作成を提案したところ、今回の「Ring The Bell」で実現することとなったのでした。

 ショッピングカートを手に、ところどころに破棄されたものを拾い集めながら旅をする2人はやがて友人らが集う神聖な場所へとたどり着く……そこで、今となっては懐かしのアイテムとなってしまったVHSやカセットテープ、ローラースケート、レコードプレーヤーなどが多数登場する、という今回のビデオ。「この曲は何かが終わる瞬間、儚い時間の中で過去を振り返って何かを恋しく思う気持ちを歌っている気がする」とMizelが言うような思いがシナリオの背景にあるよう。「80年代に生まれた私たちがノスタルジックをテーマにした作品を、今では形を変えてしまったものなどとともに、子供の頃の思い出をベースに作りたかったの」と彼女は語っています。

オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015